RSS

Xbox、Xbox 最新ニュース

アケアカNEOGEO ロボアーミーが10月19日に配信

 ハムスターが『アケアカNEOGEO ロボアーミー』を10月19日に配信します。
 『ロボアーミー』は近未来を舞台にヘル・シードというロボット軍団に占拠された街の平和を取り戻すため、軍用ロボット・ロボアーミーの主人公が活躍する横スクロールアクションです。
 高難易度ながらNEOGEOらしいグラフィック、アイテムを集めたパワーアップによる多彩な攻撃などが楽しめます。

 価格は842円です。

 情報元:アケアカNEOGEO 公式サイト


トルクル(TorqueL)物理調整版が配信

 FullPowerSideAttack.comが『トルクル 物理調整版』をID@Xboxタイトルとして配信しています。
 『トルクル 物理調整版』はキャラクターが入ったハコを転がしたり、伸ばしたりして進む2D回転アクションゲームで、ハコを操作してゴールを目指します。
ただ転がるだけ、伸ばすだけでは越えられないところも、ハコを伸ばしたまま転がることで、ジャンプで乗り越えたり、飛び越えたりできます。

 『トルクル』はほかのプラットフォームでもリリースされていますが、Xbox One / Windows 10版は開発エンジンをUnity 4からUnity 5へ移行し、物理エンジンが更新されて挙動が変わった中で、他プラットフォームと同等に遊べるように調整したことから「物理調整版」となっています。
 文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門の新人賞など、国内外のインディーゲームアワードを受賞しています。

 価格は1080円です。



 情報元:ゲームストア


モンスターハンターフロンティアZ パソコン版とのアカウント連携が11月29日に開始

 カプコンは『モンスターハンターフロンティアZ』のパソコン版とのアカウント連携サービスを11月29日に開始します。
 Xbox 360版のプレイ中のゲームデータをパソコン版からもプレイ可能にするサービスで、Xbox 360版「サーバー4」にて無料で利用できます。
 パソコン版から「サーバー4」にアクセスした場合、ハンターライフコースが無料開放されます。

 これはXbox 360本体の生産が2016年4月に終了したことを受けたもので、「ハードが壊れたらゲームがプレイできなくなる」という状況を回避するための施策です。

 Xbxo 360版のサーバー統合やサービスの継続についてはカプコン内で検討、2018年2月までに検討結果が報告されます。
 また2018年夏頃にはXbox 360版のサービス終了も検討されます。

 情報元:モンスターハンターフロンティアZ 公式サイト


Halo 5: GuardiansやHalo Wars 2がアップデート Oddballやクロスプレイが追加

 343 Industriesが『Halo 5: Guardians』や『Halo Wars 2』、『Halo: The Master Chief Collection』のアップデート内容を公開しています。
 『Halo 5: Guardians』はXbox One X向けに4K対応、また「Oddball」モードやWindows 10 PC向けの「ローカルサーバー」アプリが提供され、武器のバランス調整も行われます。
 「ローカルサーバー」アプリはローカルネットワーク内のXbox Oneに対してWindows 10 PCを『Halo 5: Guardians』のサーバーとして利用、ユーザーがより快適にゲーム大会などを開催できます。

 『Halo Wars 2』ではXbox One版とWindows 10版でのクロスプレイ機能、オンライントーナメントを開催する「Xbox Arena」機能が導入されます。
 また『Halo: The Master Chief Collection』もXbox One Xに対応、グラフィックが強化されるとともにいくつかのバグも修正されます。

 情報元:Halo Waypoint


ゲームサイト更新情報(10月19日)

 発売が迫るアサシンクリード オリジンズを1時間半にわたってプレイした映像が公開(4Gamer.net
 グランド・セフト・オートV、GTAオンラインでトランスフォームレースが配信開始(ファミ通.com
 基本無料版 / Core Fighters 累計1000万ダウンロード記念キャンペーン開始(DEAD OR ALIVE 5 Last Round 公式サイト


Xbox One 秋のシステムアップデートが配信、ホーム画面のカスタマイズが可能に

 マイクロソフトがXbox Oneで、2017年秋の大型システムアップデートをリリースしています。
 今回のアップデートではXbox One 本体を起動した際のホーム画面がリニューアルされ、ユーザーがお気に入りのゲームやフレンド、Xbox Live ゴールド会員向け特典など、「ブロック」と呼ばれる単位で自由にカスタマイズして配置できます。
 またホーム画面には最大40タイトルがピン付け可能です。

 ガイド画面もリニューアル、高速化され、実績やマルチプレイ、ピープル、トーナメントなどでまとめられた機能やショートカットをタブ形式で開くことができます。
 さらにGameDVRの4K/HDR対応、MixerアプリのUSBウェブカメラ対応、外付けドライブに保存したゲームのプラグ&プレイ、ホームネットワーク経由でのほかの本体へのゲームやアプリのコピー、ストアでのXbox One X Enhanced対応タイトルのソート機能など、さまざまな機能が追加されています。



 情報元:Xbox Wire


10月後半のGames with GoldはThe Turing Testとメダルオブオナー エアボーンが無料プレゼント

 日本マイクロソフトが10月後半のGames with Goldキャンペーンとして、Xbox Oneで『The Turing Test』、Xbox 360で『メダルオブオナー エアボーン』の無料プレゼントを行っています。
 『The Turing Test』は木星の衛星エウロパを舞台に国際宇宙局(ISA)のエンジニアであるAva Turingが、隠された謎を解き明かす1人称視点のパズルゲームです。
 主人公はEMTという装備を利用することである物体から別の物体へ電力を移すことができ、EMTを駆使して先に進みます。
 プレイヤーの論理的な思考や系統的な思考が試される本格的なパズルで、ゲームというインタラクティブな媒体でしか体験できない多重的なストーリーが紡がれます。

 『メダルオブオナー エアボーン』は第2次世界大戦の空挺部隊を題材にしたFPSです。
 ノルマンディー上陸作戦やマーケット・ガーデン作戦、ハスキー作戦など、フランスやイタリア、オランダ、ドイツなど空挺部隊が活躍したヨーロッパ戦線が舞台になっています。

 情報元:Xbox公式サイト


DEAD OR ALIVE 5 Last Round みんなのハロウィンコスチューム 2017が配信

 コーエーテクモゲームスが『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』のダウンロードコンテンツ「みんなのハロウィンコスチューム 2017」を配信しています。
 「みんなのハロウィンコスチューム 2017」はハロウィンをテーマにした衣装で、今年5月に開催されたデザイン衣装コンテストの1500点以上の応募作品の中から厳選された35点を基に制作されています。
 ハロウィン衣装の「デザイナーズチャレンジ」は2015年から行われていて、今回で3回目です。

 また10月18日からは『DEAD OR ALIVE 5』シリーズの基本無料版、Core Fightersの累計1000万ダウンロード記念として、Xbox Liveゴールド会員向けに「マリー・ローズ オプーナなりきり衣装」が無料配布されます。



 情報元:『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』公式サイト


バイオハザード7 レジデントイービル ゴールドエディションの最新映像が公開

 カプコンが12月14日に発売する『バイオハザード7 レジデントイービル ゴールドエディション』の最新映像を公開しています。
 「ゴールドエディション」はゲーム本編と有料コンテンツ「Banned Footage Vol.1 & Vol.2」、「エンドオブゾイ」のセットです。

 「エンドオブゾイ」は『バイオハザード7』世界で最後尾に位置する後日譚で、湖沼の畔に暮らす男ジョーの視点で描かれています。
 ジョーとイーサンを導く謎めいた女性ゾイが邂逅することで、彼らの運命が動き出します。

 また12月14日には無料ダウンロードコンテンツ「Not A Hero」も配信されます。
 「Not A Hero」の主人公は歴代『バイオハザード』シリーズに登場するクリス・レッドフィールドで、嗜虐と狂気に満ちた男ルーカス・ベイカーの確保が目標です。
 本編のイーサンの「悪夢」とは異なり、シューターのテイストも含んだ短編シナリオです。



 情報元:『バイオハザード7 レジデントイービル』公式サイト


Call of Duty: WWII 米英仏の実写トレーラーが公開

 Activisionが11月3日に発売する『Call of Duty: WWII』の実写トレーラー3種類が公開されています。
 『Call of Duty: WWII』は人気FPS『コールオブデューティ』シリーズの最新作で、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線が舞台です。
 キャンペーンモードは1944年~45年を中心に、第1歩兵師団の兵士としてノルマンディ上陸作戦やパリ解放といった第二次世界大戦を象徴するヨーロッパ各地の戦域を戦い抜きます。

 実写トレーラーはシリーズで久しぶりに第二次世界大戦を題材にした最新作をプレイすべく、さまざまな境遇のかつてのゲーム仲間が「分隊」として再集結するという内容です。
 『コールオブデューティ』シリーズで第二次世界大戦が舞台となるのは、『コールオブデューティ3』以来10年ぶりになります。



 情報元:『Call of Duty: WWII』公式サイト