RSS

Xbox、Xbox 最新ニュース

5月前半のGames with GoldはMax: The Curse of BrotherhoodとMutant Storm Empireが無料プレゼント

 日本マイクロソフトが5月前半のGames with Goldとして、Xbox Oneで『Max: The Curse of Brotherhood』、Xbox 360で『Mutant Storm Empire』の無料プレゼントを行っています。
 『Max: The Curse of Brotherhood』は主人公マックスが邪魔な弟を消す方法をネットで調べて実行したら、本当に弟が魔界へ連れ去られてしまい、弟を救い出すべくマーカーペンだけをたよりにマックスが異世界へ飛び込むというストーリーの横スクロールのパズルアクションゲームです。
 プレイヤーは魔法のマーカーペンを使ってマックスの通り道を作ったり、障害物を排除するなど、マックスが先へ進むのを手助けします。

 『Mutant Storm Empire』は2005年12月にXbox LIVE アーケードでリリースされたSFシューティングゲーム『Mutant Storm Reloaded』の続編で、2007年10月にリリースされています。

 海外ではXbox Oneで『CastleStorm: Definitive Edition』と『Pool Nation FX』が(国内ではいずれも未配信)、Xbox 360で『Mafia II』が無料プレゼントされています。



 情報元:Games with Gold


Forza Horizon 2 Alpinestars カーパックが配信

 日本マイクロソフトが『Forza Horizon 2』のダウンロードコンテンツ「Alpinestars カーパック」を配信しています。
 「Alpinestars カーパック」には「2015 Chevrolet Corvette Z06」や「1953 Chevrolet Corvette」など5車種が収録されています。
 また5月の無料カーとして「1992 Bugatti EB110 Super Sport」がリリースされています。

 価格は540円です。

 収録車種
 2015 Chevrolet Corvette Z06
 1953 Chevrolet Corvette
 1991 Jeep Grand Wagoneer
 2015 Audi TTS Coupe
 1970 AMC Rebel "The Machine"



 情報元:ゲームストア
 情報元:『Forza』シリーズ公式サイト


Star Wars バトルフロント 発売時は12マップを収録、惑星サラストを紹介

 エレクトロニックアーツが11月に発売する『Star Wars バトルフロント』の収録マップ 惑星サラストを紹介しています。
 惑星サラストは「真っ赤な溶岩、ターコイズブルーの湖と漂う白いガス」がコンセプトで、映画では「ジェダイの帰還」で言及されたものの、これまで映像化されていませんでした。
 溶岩に覆われた世界はアイスランドを参考に作られており、建物は帝国の強い影響下にあるという設定を引き継いでデス・スターの構造や素材の様式を参考に制作されています。

 『Star Wars バトルフロント』は映画「スター・ウォーズ」シリーズを題材にしたアクションシューターで、エンドアやホス、タトゥーインなど映画にも登場する惑星での地上戦や空戦が繰り広げられます。
 マルチプレイでは12マップが収録されています。

 1人称視点と3人称視点でのプレイがシームレスに変更可能で、オンラインでのマルチプレイ以外にも帝国軍か反乱軍としてミッションをクリアするソロゲームも用意されています。
 ダースベイダーやボバフェットといった映画の人気キャラクターやX ウィング、タイファイター、ミレニアムファルコン、AT-AT、スピードバイクといった乗り物が登場します。

 またマイクロソフトが映画「スター・ウォーズ」デザインのXbox One コントローラーのコンセプトアートを公開しています。
 コンセプトアートはストームトルーパーやウーキー族など4種類のデザインです。



 情報元:『Star Wars バトルフロント』公式サイト
 情報元:twitter


Halo 5: GuardiansはHalo: The Master Chief Collectionの二の舞にならない

 『Halo』シリーズの開発ディレクターFrank O'Connor氏が、『Halo: The Master Chief Collection』の失敗を認めた上で、『Halo 5: Guardians』は同じような結果になることはないと発言しています。
 『Halo: The Master Chief Collection』は発売当初からマルチプレイのトラブルが多発、今年4月末にもパーティ参加時の接続の問題で公式トーナメントが中止されています。

 O'Connor氏は『Halo: The Master Chief Collection』について、「確かに不名誉なことです。名声の上にあぐらをかくつもりはありませんし、過ちを隠すつもりもありません」とした上で、「5つの違うゲームエンジン、5つの違う開発スタジオを343 Industriesがまとめるという性質上、途方もなく複雑でした」とコメントしています。
 またプレイヤーが直面したさまざまな問題はテスト環境では発生しておらず、「本当に驚きました」としています。

 『Halo 5: Guardians』については「まったく別のチームが開発しています。単体の製品ですし、2001年のゲームを2014年のゲーム機へ無理やり当てはめたのではなく、新しい技術でゼロから進めています。非常に困難な箇所はありますが、MCCとはまったく別の問題です。ベータはすでに確かな第一歩だったと思いますし、同じ問題は起きていません」と語っています。

 情報元:Xbox Ahievements


フリーマルチプレイウィークエンド Xbox 360でXbox Live ゴールドメンバーシップが無料開放

 日本マイクロソフトがXbox 360で「フリーマルチプレイウィークエンド」キャンペーンを開催します。
 キャンペーン期間中はXbox Live ゴールドメンバーシップが無料開放され、『バトルフィールドハードライン』や『グランド・セフト・オートV』の「GTA オンライン」、『コールオブデューティー アドバンスドウォーフェア』、『FIFA 15』などのマルチプレイが楽しめます。

 キャンペーン期間は5月1日午前8時~5月4日午前7時59分までです。



 情報元:Xbox公式サイト


Xbox 360のシステムアップデートがリリース、外付け2TB HDDに対応

 マイクロソフトがXbox 360のシステムアップデートをリリースしています。
 今回のアップデートでは最大2TB HDDのUSB外付け機器をストレージデバイスとして使用できるようになります。ストレージデバイスにはゲームのインストールやダウンロードしたコンテンツ、セーブデータ、プロフィールデータなどが保存できます。

 また購入履歴やマイクロソフトアカウントにチャージされている残金の表示、パスワードのリセット機能、ダウンロード速度やアップロード速度といったネットワーク統計情報の表示が追加されています。

 情報元:Major Nelson


RIDE ダウンロードコンテンツの配信スケジュールが発表

 インターグローが6月25日にXbox OneとXbox 360で発売する『RIDE』のダウンロードコンテンツの配信スケジュールが発表されています。
 ダウンロードコンテンツは第1弾と第2弾が6月25日、第3弾が7月17日、第4弾が8月7日に配信予定で、YAMAHA YZF-R1やKAWASAKI Ninja ZX-10R、HONDA CBR1000RR、SUZUKI GSR 750Z、DUCATI 1299 Panigale Sなど、いずれのダウンロードコンテンツも追加車種が収録されています。

 また初回特典として、『RIDE』に登場する実際のレースコースやバイクのデータが一冊に集約された設定資料集「メイキングオブ」が用意されています。

 『RIDE』はバイク愛好家向けのリアルなバイクシミュレーターです。ネイキッドバイク、スーパースポーツバイク、スーパーバイク、ヒストリカルバイクの4カテゴリーで、ホンダやカワサキ、スズキ、ヤマハ、KTM、Ducatiなど14メーカーの100車種以上が収録されています。

 コースもドニントン・パークやイモラ、スポーツランドSUGOなど7種類のグランプリサーキットや5種類の郊外を舞台にしたコース、2種類の市街地コースなど15ロケーションが登場。またエンジンやトランスミッション、バイクの外見といったバイクのカスタマイズ、ヘルメット、スーツ、グローブなどバイカーのカスタマイズが可能です。
 オンラインでは最大12人でのレースがプレイできます。



 情報元:『RIDE』公式サイト
 情報元:ファミ通.com


チャイルドオブライト 発売1周年記念、デジタル絵本が無料配信

 ユービーアイソフトが『チャイルドオブライト』の発売1周年を記念したデジタル絵本「偉大なレジナルド」を公式サイトで無料配信しています。
 「偉大なレジナルド」は『チャイルドオブライト』の世界観が受け継がれていて、『チャイルドオブライト』の数年後の世界が描かれています。
 ロバートの息子レジナルドが主役となり、人生の目的を探す旅に出発します。

 『チャイルドオブライト』は『ファイナルファンタジーIV』などのJRPGや天野喜孝氏、宮崎駿氏らにインスパイアされた2D RPGです。
 闇の女王に奪われた太陽、月、星の3つの光を取り戻すため、純粋な心を持ったレムリア王国の若きオーロラ姫が青いオーブの妖精イグニキュラスとともに水彩画の絵本のような世界を旅します。



 情報元:『チャイルドオブライト』公式サイト


ゲームサイト更新情報(5月1日)

 ファイナルファンタジーXI、13周年記念でヴァナ・ディール☆大感謝祭を開催(GAME Watch
 PC版D4: Dark Dreams Don't Dieの発売が決定 Kinectのジェスチャー操作を全廃し、マウスだけで遊べるように(4Gamer.net
 Happy Wars、アイテムショップセール&One Comer キャンペーンを実施(Xbox公式サイト


ユービーアイソフトがF1 2015を7月23日に国内で発売

 ユービーアイソフトが『F1 2015』を7月23日にXbox Oneで発売します。
 『F1 2015』はF1を題材にしたレースゲーム『F1』シリーズの最新作で、新世代機で初めてのシリーズタイトルになります。
 新世代機向けに一新されたEGOエンジンを採用し、タイヤの物理モデルやエンジン、トランスミッション、空力、フォースフィードバックなどが改良。ゲームの物理演算がより自然でよりリアルになっています。
 最新の2015年シーズンがプレイできるのはもちろん、『F1 2014』を新世代機でプレイしたいというユーザーからの要望に応えるため、ボーナスコンテンツとして2014年シーズンのドライバーやサーキット、車が収録されています。

 ポディウムやスターティンググリッドはテレビ中継スタイルの演出が採り入れられ、新たに高難易度のプロシーズンモードが追加されています。
 またKinectによる音声認識に対応、レース情報や天候の変化、タイヤの状態の確認、タイヤやフロントウィングの交換をレース中にレースエンジニアへ指示することができます。

 開発はコードマスターズですが、コードマスターズ日本法人は今年3月で閉鎖されており、ユービーアイソフトが日本での発売を担当します。

 情報元:ユービーアイソフト

(C) 2015 The Codemasters Software Company Limited (“Codemasters”). All rights reserved. “Codemasters”(R), “Ego”(R) and the Codemasters logo are registered trade marks owned by Codemasters.
“Codemasters Racing”(TM) is a trade mark of Codemasters.
An official product of the FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP. The F1 FORMULA 1 logo, F1 logo, F1 FIA FORMULA 1 WORLD CHAMPIONSHIP logo, FORMULA 1, FORMULA ONE, F1, FIA FORMULA ONE WORLD CHAMPIONSHIP, GRAND PRIX and related marks are trade marks of Formula One Licensing BV, a Formula One group company. Licensed by Formula One World Championship Limited. (C) Key art driver images 2015, licensed by Formula One World Championship Limited. All rights reserved.
All other copyrights or trade marks are the property of their respective owners and are being used under license. Unauthorised copying, adaptation, rental, lending, re-sale, arcade use, charging for use, broadcast, cable transmission, public performance, distribution or extraction of this product or any trade mark or copyright work that forms part of this product is prohibited. Developed by Codemasters. Published and distributed in Japan and Asia (excluding mainland China) by UBISOFT Entertainment under license from Codemasters. UBISOFT and the UBISOFT logo are trademarks of UBISOFT Entertainment in the US and/or other countries.


Mighty No.9が9月18日に発売 日本語フルボイスを収録、パッケージ版が発売決定

 comceptが『Mighty No.9』をXbox OneとXbox 360で9月18日に発売します。
 『Mighty No.9』は稲船敬二氏率いるcomceptがクラウドファンディングサイトKickstarterで開発資金を調達した横スクロールアクションゲームで、『ロックマン』シリーズの精神的後継作です。
 ロボット産業がはるかに発達した未来で世界規模のロボット暴走事件が発生、戦闘用ロボットチームMighty Numbersの末っ子Mighty No.9 ベックが暴走したロボットや立ちはだかる兄弟機たちを撃破し、事件の黒幕に立ち向かいます。

 comceptはDeep Silverと提携、Deep SilverがパブリッシャーとなってXbox OneやPlayStation 4などのパッケージ版がダウンロード版と同時発売されます。
 当初予定されていなかった新ステージやボス戦、新キャラクター レイが登場するダウンロードコンテンツが配信されるほか、日本語ボイスが追加されます。

 日本語ボイスはアニメやゲームなどの分野で活躍する一線級の声優陣が起用されており、すでに収録が完了しています。
 Kickstarterなどで『Mighty No.9』を支援した人にはダウンロードコンテンツが無料で提供されます。



 情報元:『Mighty No.9』公式サイト


Halo 5: Guardians マスターチーフとスパルタンロックが対峙するキービジュアルが公開

 マイクロソフトが海外で10月27日に発売する『Halo 5: Guardians』のキービジュアルが公開されています。
 キービジュアルはマスターチーフとスパルタンロックが対峙する構図で、それぞれを支援するスパルタンのファイアチームが描かれています。

 『Halo 5: Guardians』のストーリー詳細は明らかにされていませんが、E3 2015ではキャンペーン初披露となるワールドプレミアが予定されています。



 情報元:Xbox Wire


マイクロソフトがMicrosoft HoloLensをE3 2015に出展

 マイクロソフトが「Microsoft HoloLens」の公式サイトをリニューアルオープン、「Microsoft HoloLens」をE3 2015に出展すると明らかにしています。
 「Microsoft HoloLens」はWindows 10 搭載のヘッドマウント型ホログラフィックコンピューターデバイスです。
 シースルーグラスでユーザーの視界に3D表示のアプリを重ね合わせることができ、さらにセンサー内蔵でプレイヤーのジェスチャーによってアプリをインタラクティブに反応させられます。

 Windows 10のユニバーサルアプリ対応アプリであれば、「Microsoft HoloLens」でそのまま動作させることができます。
 マイクロソフトが開催している開発者向けイベントBuild 2015では、「Microsoft HoloLens」の新たなデモが披露されています。



 情報元:「Microsoft HoloLens」公式サイト


【海外】OVERKILL's The Walking Deadが2016年に発売

 Starbreeze ABと505 Gamesが『OVERKILL's The Walking Dead』を2016年に発売します。
 『OVERKILL's The Walking Dead』はゾンビアポカリプスな世界を舞台にした人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド「ウォーキング・デッド」を題材にした、アクションやRPG、サバイバルホラー、ステルスの要素があるFPSです。

 ドラマでは描かれていない新たなキャラクターやストーリーが登場、協力プレイ要素も用意されています。
 開発は『Payday』シリーズを手がけるStarbreezeの開発スタジオOVERKILLが担当しています。



 情報元:Starbreeze AB


ユービーアイソフトのファークライ開発チームがネパール地震の救援金として最大10万ドルを赤十字社へ寄付

 ユービーアイソフトモントリオールスタジオの『ファークライ』開発チームが、ネパール地震の救援金として最大10万ドルをカナダ赤十字社へ寄付します。
 シリーズ最新作『ファークライ4』はヒマラヤ山岳地帯の奥地にある架空の小国キラットが舞台で、ネパールや現地の住人に大きく影響を受けています。

 カナダ赤十字社は一般からの救援金も受け付けており、ネパール・カトマンズへ医療チームを派遣しています。
 また日本赤十字社も救援金を受け付けています。

 情報元:カナダ赤十字社
 関連ページ:日本赤十字社 2015年ネパール地震救援金