RSS

Xbox、Xbox 360 最新ニュース

バイオハザード7がXbox One / Windows 10 間でクロスバイ、クロスセーブに対応

 カプコンが1月26日に発売する『バイオハザード7 レジデントイービル』がXbox Play Anywhereに対応しています。
 Xbox Play AnywhereはXbox One、Windows 10のクロスバイ、クロスセーブで、どちらかのプラットフォームでダウンロード版を購入した人はもう一方のプラットフォームで無料でゲームが入手できます。
 またセーブデータやダウンロードコンテンツ、実績といったゲームの進行状況も引き継がれます。

 『Forza Horizon 3』や『ReCore』、『Halo Wars 2』、『Gears of War 4』といったタイトルがXbox Play Anywhereに対応しています。

 また『バイオハザード7 レジデントイービル』ではダウンロードコンテンツ「Banned Footage」のVol. 1とVol. 2が2017年に配信予定です。
 「Banned Footage」のメインコンテンツはベイカー邸で発見されたビデオテープで、Vol. 1には2種類のフッテージとエクストラゲーム「イーサンマストダイ」、Vol. 2には2種類のフッテージとエクストラゲーム「ジャック 55th バースデイ」が収録されます。

 なおカプコンは本編ストーリーは、収録されているゲーム内で完結するとしています。

 情報元:『バイオハザード7 レジデントイービル』
 情報元:twitter


ゲームサイト更新情報(1月19日)

 ファイナルファンタジーXV、次回アップデートでセルフ撮影機能を実装(IGN Japan
 これはもうひとつのHaloだ Halo Wars 2 デザインディレクターClay Jensen氏インタビュー(GAME Watch
 今年最注目のRTS Halo Wars 2 プレビューイベントが香港で開催 わずか10分で楽しめる新マルチプレイモードBlitzの魅力に迫る(GAME Watch


バイオハザード7 レジデントイービル Yahoo! Japanアプリとのスマートフォン向けコラボゲームを公開

 カプコンが『バイオハザード7 レジデントイービル』とYahoo! Japanのコラボを実施、スマートフォン向けアプリ「Yahoo! Japan」向けゲーム「狂怖の館」を公開しています。
 「狂怖の館」は『バイオハザード7 レジデントイービル』の世界観を再現、ゲームの舞台であるベイカー邸からの脱出を目指します。
 Yahoo!検索で「狂怖」と入力、検索結果からプレイできます。
 「Yahoo! Japan」アプリではなくスマートフォンブラウザのYahoo! Japanからも一部がプレイできます。

 「狂怖の館」は4月30日までの期間限定公開です。

 情報元:『バイオハザード7 レジデントイービル』公式サイト
 情報元:Yahoo! Japan


ゲームサイト更新情報(1月18日)

 バイオハザード 20th×キデイランド原宿店オフィシャルストア、期間限定オープン(GAME Watch
 コンソール版World of Tanksにてイベント タンクボウルが開催、映画フューリーとのコラボレーション車輌も再登場(ファミ通.com
 今週のDeals with GoldはForza HorizonシリーズやBattleBlock Theaterが値下げ(Xbox公式サイト


Halo Wars 2 Blitz マルチプレイベータが日本でも1月20日にスタート

 日本マイクロソフトが『Halo Wars 2』の「Blitz マルチプレイベータ」を1月20日深夜から1月30日まで実施します。
 今回のマルチプレイベータでは、『Halo Wars 2』の新モード「Blitz」の1対1、2対2、3対3の対戦が「Proving Grounds」マップでプレイできます。

 「Blitz」はカードゲームの戦略性とRTSの戦術戦闘が融合した『Halo Wars 2』の新たなゲームモードで、プレイヤーは12枚のカードから構成されるデッキを最大3種類構築、カードごとにユニット1つを配置することができます。
 何人かの指揮官がいて、それぞれの指揮官ごとに陸空の兵器や歩兵ユニットが異なっています。ベースの構築といった要素はなく、バトルに特化したペースの速いモードです。

 ベータではアルティメットエディションに収録される指揮官、カードが含まれていて、デイリーチャレンジやウィークリーチャレンジも用意されています。
 ベータでのゲームの進捗状況は製品版へ持ち越せないものの、ベータをプレイした人には報酬として製品版で使用できる「Blitz カードパック」2つがプレゼントされます。ベータを開始した時点で1パック、初めの対戦を完了した時点でもう1パックが手に入ります。



 情報元:Xbox Japan Blog


Xbox Live リワード 基本プレイ無料ゲームを対象にしたFREEdomリワードが登場

 日本マイクロソフトがXbox Live リワードの新たなプログラム「FREEdomリワード」をスタートしています。
 「FREEdomリワード」は基本プレイ無料ゲームを対象としていて、無料ゲームの追加コンテンツの購入で最大1万7000リワードクレジットが獲得できます。
 また『Warframe』の新たな5つのミッションをクリアすると賞品として75 Platinumが手に入ります。

 Xbox Live リワードはXboxファン向けのロイヤリティプログラムで、特定のゲームを購入する、アンケートに回答するなどのミッションを達成するとリワードクレジットを獲得、5000クレジットが515円分としてマイクロソフトアカウントの残高に追加されます。

 情報元:Xbox Live リワード


DEAD OR ALIVE 5 Last Round お嬢様の休日コスチュームが配信

 コーエーテクモゲームスが『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』のダウンロードコンテンツ「お嬢様の休日コスチューム」を配信しています。
 「お嬢様の休日コスチューム」はその名の通りお嬢様の休日をイメージしたコスチュームで、かすみやあやね、エレナなど女性キャラクター17人分が用意されています。
 また2017年1月~6月までに配信される101着のコスチュームが入手できるNew Costume Pass 6もリリースされています。

 「お嬢様の休日コスチューム」の価格は各キャラクターが216円、全17着が2138円、New Costume Pass 6は1万44円です。



 情報元:『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』公式サイト


バイオハザード7 レジデントイービル 短編シナリオNot A Heroが今春に無料配信

 カプコンが『バイオハザード7 レジデントイービル』のダウンロードコンテンツ「Not A Hero」を2017年春に無料配信します。
 『バイオハザード7 レジデントイービル』は人気サバイバルホラーアクション『バイオハザード』シリーズの最新作です。
 「すべては恐怖のために。新生するバイオハザード」をテーマに「恐怖」に焦点を絞った作品で、「恐怖」を実現するためにフォトリアリスティックな表現を追求した「REエンジン」を新たに採用、「アイソレートビュー」と呼ばれる1人称視点でゲームが進行します。

 3年前に消息を絶った妻から届いた一通のメールを元に、荒れた邸へたどり着いた主人公イーサン・ウィンターズは妻の捜索、そして邪悪な邸からの脱出を目指します。

 「Not A Hero」は本編で完結するイーサンの悪夢とは趣きの異なる短編シナリオです。



 情報元:『バイオハザード7 レジデントイービル』公式サイト


ゲームサイト更新情報(1月17日)

 三國志13 with パワーアップキットの気になる新要素イベント編集機能を試してみた(ファミ通.com
 お前も家族だ!キャンペーン ねば~る君編が公開(バイオハザード7 レジデントイービル 公式サイト
 Xbox One Sのコントローラーの形をした巨大な浮き輪が発表される(IGN Japan
 近畿大学がKinecを用いたドラム練習支援システムを開発 演奏時の熟練者と練習者の動作を比較し、正しい動きをレクチャー(News2u
 Xbox Oneの新しいガイド機能がお披露目(Gamespot


1月後半のGames with GoldはKiller Instinct Season 2: Ultra EditionとMs. Splosion Manがプレゼント

 日本マイクロソフトが1月後半のGames with Goldキャンペーンとして、Xbox Oneで『Killer Instinct Season 2: Ultra Edition』、Xbox 360で『Ms. Splosion Man』の無料プレゼントを行っています。
 『Killer Instinct Season 2: Ultra Edition』は『Killer Instinct』本編に加え、シーズン2 アップデートで追加されたTJ ComboやRiptor、Hisakoといった9キャラクター、1996年にリリースされた『Killer Instinct 2 Classic』の完全移植版がセットになっています。

 『Killer Instinct』は94年にアーケードでリリースされた同名ゲームのリメイクとなる6ボタンタイプの3D格闘ゲームで、次々につながるコンボや派手なエフェクトが楽しめます。
 基本プレイ無料で、現在はシーズン3 アップデートまでリリース、キャラクターやゲームモード、スキンが追加されています。

 またクロスプラットフォームプレイに対応していて、Xbox One版とWindows 10版のプレイヤー間でのオンライン対戦が可能です。

 『Ms. Splosion Man』は爆発物でできた主人公Splosion Manが自分を生み出した実験施設から逃げ出すために爆発しながら進むアクションゲーム『Splosion Man』の続編です。
 Splosion Manの捕獲を祝してBig Scienceで催されたパーティー会場で生まれた主人公Ms. Splosion Manが、科学者たちに捕らえられたSplosion Manを救出するというストーリーです。

 シングルプレイと協力プレイで各50レベルずつ用意されているほか、ゴーストリプレイ機能やさまざまなアンロック要素が前作から追加されています。



 情報元:Xbox公式サイト




マイクロソフトMVP
Microsoft MVP for Xbox