RSS

Xbox、Xbox 360 最新ニュース

スペシャルセールで基本プレイ無料ゲームの有料コンテンツなどが値下げ

 今週のスペシャルセールとして、基本プレイ無料ゲームの有料コンテンツなどが値下げされています。
 セール対象は『鬼斬』や『Happy Dungeons』、『Happy Wars』、『Warframe』、『World of Tanks』などの基本プレイ無料ゲームの有料コンテンツです。
 また『#IDARB』や『Chariot』、『Knight Squad』などのID@Xboxタイトルも対象です。

 セール期間は6月26日までです。

 情報元:Major Nelson


Io-Interactiveが独立系デベロッパーに ヒットマンの権利を保持

 Io-Interactive CEOのHakan Abrak氏は、マネジメントバイアウトを実施、今後は独立系デベロッパーとして存続していくと明らかにしています。
 『ヒットマン』シリーズのIPはIo-Interactiveが保持、今後は同社がオリジナルゲームを開発します。
 今後の計画については間もなく詳細が発表予定です。

 Io-Interactiveは『ヒットマン』や『ケイン&リンチ』シリーズを手がけているアイドス傘下の開発スタジオです。
 アイドスの親会社であるスクウェア・エニックスは今年5月にIO Interactiveの事業から撤退すると発表、買収先を見つけるために投資家との協議を開始していました。

 情報元:Io-Interactive


マイクロソフトは今後もファーストパーティタイトルをリリース E3では近日リリースの作品に注力

 Xbox事業責任者のフィル・スペンサー氏は数年後にリリースされるファーストパーティタイトルが複数あると発言しています。
 Xbox E3 ブリーフィングでは今年発売されるタイトルの紹介がメインで、来年以降の大作タイトルの初披露がありませんでした。
 これは意図的なもので、スペンサー氏は「新しいモノに投資を続けていて、PRの観点から映像を出すのはとても簡単なタイトルも複数契約しています。しかしリリースが2年半や3年後になるのが分かっているので、発表を行いたくありませんでした」と語っています。

 スペンサー氏は『Scalebound』の開発が中止となった理由として発表が早すぎて、期待値を上げ過ぎてしまったことを挙げていて、それを踏まえて今年のXbox E3 ブリーフィングの発表内容となったようです。

 情報元:VG247


初代Xboxの互換対応タイトル数はXbox 360の互換対応ほど多くならない

 Xbox事業責任者のフィル・スペンサー氏が、初代XboxのXbox One 互換対応タイトルのラインナップ数は、Xbox 360ほど多くはないと発言しています。
 スペンサー氏は理由として、権利処理と技術的な実現の困難さを挙げています。

 初代Xboxタイトルの互換対応はXbox E3 2017 ブリーフィングで発表、『クリムゾンスカイ』と『Fuzion Frenzy』が公表されています。
 Xbox 360の互換対応タイトルは400本近くとなっています。

 情報元:Gamespot


【海外】Conan Exilesのオープンベータ版が8月16日に配信

 Funcomが『Conan Exiles』のゲームプレビュー(オープンベータ)版を海外で8月16日に配信します。
 『Conan Exile』はファンタジー小説「英雄コナン」を題材にしたオープンワールドのサバイバルアクションです。
 プレイヤーは未開の荒野へ追いやられた追放者(Exile)で、古代文明の遺跡や凶暴なモンスターが満ちた世界を探検、追放の地の支配を目指します。

 モンスターとの戦闘や遺跡の探索以外にも、資源の採集、道具や武器の生産、都市の建設、犯罪者を奴隷として使役、神々の化身の召喚など、サンドボックス型ゲームとしてさまざまなプレイが楽しめます。
 シングルプレイ以外にもパブリックサーバーでのマルチプレイ、サーバーホストでルールや設定を自由に決めた世界へフレンドを招待することもできます。

 8月16日には拡張パックが無料配信、新エリアExiled Landsが追加されます。
 またXbox One X向けに4K描画も対応します。



 情報元:『Conan Exiles』公式サイト


Xbox Live アバターが今秋にリニューアル

 マイクロソフトが今秋に「Xbox Live アバター」の大幅なアップデートを行います。
 アップデート後はカスタマイズ要素が大幅に増え、カラーも自由に変更可能で、バイクやスケートボード、ユニコーンなどの乗り物も登場します。

 性別による衣装の制限がなくなり、義手や義足、車いすも追加され、まさに自分の分身を作成することができます。



 情報元:Eurogamer


【海外】モンスターハンター:ワールドがXbox Oneで2018年初頭に発売

 カプコンが『モンスターハンター:ワールド』を2018年初頭に海外で発売します。
 『モンスターハンター:ワールド』は巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクション『モンスターハンター』シリーズの最新作で、「現行世代機の技術でモンスターハンターを作ったらどうなるか」がコンセプトになっています。

 調査団の一員として未知の新大陸に足を踏み入れたハンターが、広大なフィールドをシームレスに駆け巡り、武器や防具はもちろん、さまざまな生物や植物、地形など高密度な環境全てを利用した新たな狩りを繰り広げます。

 国内では残念ながらXbox Oneの発売は未発表です。



 情報元:『モンスターハンター:ワールド』公式サイト
 情報元:Capcom Unity


Metal Gear Survive 発売が2018年初頭へ延期

 コナミが『Metal Gear Survive』の発売を2017年から2018年初頭へ延期しています。
 『Metal Gear Survive』は『Metal Gear Solid V: Ground Zeroes』のエンディングの直後、ワームホールに吸い込まれて別世界へ飛ばされた主人公らが、元の世界へ戻ろうとするサバイバル協力アクションです。

 別世界ではゾンビのようなモンスターが徘徊していて、最大4人のプレイヤーが協力して立ち向かいます。
 「Ground Zeroes」のようなサイドストーリー、スピンオフ作品で、『メタルギアソリッドV ファントムペイン』とは別世界、別ストーリーになります。

 延期の理由はクオリティアップのためです。

 情報元:Polygon


Halo Wars 2 拡張パックAwakening the Nightmareが2017年秋に配信

 マイクロソフトが『Halo Wars 2』の拡張パック「Awakening the Nightmare」を2017年秋に配信します。
 「Awakening the Nightmare」ではバニッシュドがフラッドと戦う新たなキャンペーンストーリーが収録されています。
 ほかにも新たなマルチプレイマップやマルチプレイリーダー、新ゲームモード「Terminus Firefight」が含まれています。

 「Terminus Firefight」はタワーディフェンススタイルのファイアファイトで、プレイヤーは動的に変化するマップでベースやユニットを建造、ボスを含む敵からTerminusを守ります。



 情報元:Xbox Wire


【海外】Wolfenstein II: The New Colossusが10月27日に発売

 ベセスダソフトワークスが『Wolfenstein II: The New Colossus』を海外で10月27日に発売します。
 『Wolfenstein II: The New Colossus』は、ナチスが謎の高度技術を用いて第二次世界大戦に勝利した架空世界を描くFPS 『ウルフェンシュタイン:ザ ニューオーダー』の続編です。

 主人公は前作と同じく大戦の英雄であるアメリカ軍人B.J.ブラスコヴィッチで、1961年のアメリカを舞台に核兵器で破壊されたマンハッタンや田舎町のロズウェル、ニューオリンズの沼沢地でレジスタンスを率います。
 前作で重傷を負ったBJは自らの肉体を改造、二丁拳銃やレーザー銃などのハイテク兵器を駆使します。



 情報元:Bethesda.net




マイクロソフトMVP
Microsoft MVP for Xbox