RSS

Xbox、Xbox 360 最新ニュース

Halo Wars 2 ランクマッチは発売後しばらくしてからスタート

 日本マイクロソフトが2月23日に発売する『Halo Wars 2』は、発売時点ではランクマッチがオープンしないと明らかにされています。
 343 Industriesは「まずソーシャルマッチでゲームそのものやユニット、戦術にプレイヤーが慣れ親しんでほしいこと」、「ランクマッチのシーズン開始を遅らせることで、ヒートアップするランクマッチではなくソーシャルマッチで開発チームがバランス調整を行えること」、「ダウンロードコンテンツの配信とあわせたアップデートで微調整で修正できない点まで修正できること」を挙げています。

 ランクマッチは発売からしばらくしてから開始予定で、現在はプレシーズンとして捉えてほしいとしています。



 情報元:Halo Waypoint


2017年はXboxゲーマーにとって最もエキサイティングな年に 昨年以上の独占タイトルをリリース

 Xbox事業責任者のフィル・スペンサー氏が『Halo Wars 2』の発売に合わせて2017年のラインナップについて語っています。
 スペンサー氏は「2017年はXbox ゲーマーにとって最もエキサイティングな年になります」とコメント。
 「Project Scorpio」がホリデーシーズンに発売されるだけでなく、2016年以上の独占タイトルがXbox OneとWindows 10向けにリリースされるとしています。

 『Halo Wars 2』を皮切りに、『Sea of Thieves』や『State of Decay 2』、『ライオットアクト3』が2017年に発売予定で、6月のE3 2017でさらに新作タイトルが公表されます。
 またE3までに『ファントムダスト』と『Voodoo Vince』のリマスター版がリリース予定です。



 情報元:Xbox Wire


Xbox事業責任者フィル・スペンサー氏が来日、国内サードパーティと会談

 Xbox事業責任者のフィル・スペンサー氏がtwitter上で、今週来日して国内サードパーティメーカーと会談すると発言しています。
 スペンサー氏はJRPGがもっと発売されないのかという質問に対し、「来日してサードパーティパブリッシャーと会談します。ファイナルファンタジーXVがXbox Oneでリリースされたのは素晴らしいことですが、ユーザーがもっと望んでいることを理解しています」とコメントしています。

 国内メーカーからは『ファイナルファンタジーXV』や『バイオハザード7』が発売、また今後は『鉄拳7』や『エースコンバット7』、『キングダムハーツIII』などがリリース予定です。

 情報元:twitter


BeamアプリがXbox インサイダー参加者向けに先行配信

 マイクロソフトがXbox インサイダー参加者向けに「Beam」アプリをリリースしています。
 ゲームストリーミングサービス「Beam」はXbox Live アカウントと連携、追加の配信用ソフトを用意しなくてもXbox OneやWindows 10 ゲームで手軽にストリーミングが行えるようになります。

 Beamの特徴は配信者と視聴者のインタラクティビティで、ゲーム内の選択肢への投票など配信者のゲームに介入することができます。
 また新たなストリーミングプロトコルFTLが採用されていて、ストリーミング配信の遅延が1秒以下に抑えられています。



 情報元:Xbox Wire


ゴーストリコンワイルドランズ 海外でオープンベータが2月23日から実施

 ユービーアイソフトが『ゴーストリコンワイルドランズ』のオープンベータを海外で2月23日~27日に実施します。
 オープンベータでは21エリアの中から肥沃で温暖な「イタクァ」と高原地帯の「モンテュヨック」の2種類のエリアが協力プレイで楽しめます。
 先行インストールは2月20日から開始します。

 『ゴーストリコンワイルドランズ』はアメリカのエリート特殊部隊ゴーストの活躍を描いたアクションシューター『ゴーストリコン』シリーズの最新作で、シリーズで初めてオープンワールドが採用されています。
 現代から数年後の未来を舞台に、麻薬カルテル サンタ・ブランカを壊滅させるために4人チームのゴーストが、ジャングルや山岳、雪山、沼地といったさまざまな地形が存在する南米ボリビアへ潜入します。

 数百の村や有名なランドマークなどを含むフィールドはユービーアイソフトがこれまでに手がけたタイトルで最大の広さで、さまざまな武器や乗り物、ドローンを駆使して麻薬カルテルの撲滅を目指します。
 シングルプレイ以外に最大4人での協力プレイに対応、ストーリーやミッション、目標はプレイヤーの行動に応じて変化します。また目的の達成手段も、隠密行動や陽動、正面からの襲撃など、プレイヤーが自由に選択することができます。

 日本ではPlayStation 4とPC版で日本語版オープンベータが行われます。
 Xbox One版は予定されていませんが、『フォーオナー』のベータは海外版をダウンロードすることで国内でもプレイが可能でした。



 情報元:『ゴーストリコンワイルドランズ』公式サイト


Sea of Thieves 新たなゲームプレイ映像が公開

 Rareが『Sea of Thieves』のテクニカルアルファテストのゲームプレイ映像を公開しています。
 『Sea of Thieves』はほかのプレイヤーとの共有世界で、海賊としての生活を満喫する1人称視点のアクションアドベンチャーです。
 フレンドとともに伝説の財宝を探す航海へ出ることもできますし、ほかのプレイヤーをひたすら襲撃することも可能です。

 ゲームプレイ映像ではスケルトンとの戦闘や洞窟の探索、新たな島の発見、ほかのプレイヤーとの財宝の奪い合いといった要素が確認できます。



 情報元:『Sea of Thieves』公式サイト


マイクロソフトがE3 2017 メディアブリーフィングを6月11日に開催

 マイクロソフトがE3 2017 メディアブリーフィングを6月11日午後2時(日本時間12日午前6時)から開催します。
 詳細についてはもちろん明らかにされていませんが、告知では新ハードProject Scorpioの画像が背景に表示されていて、Project Scorpioや対応タイトルの発表が多数行われるとみられます。
 Project ScorpioはXbox Oneの4.5倍となる6TFLOPSのグラフィック性能、4Kゲーミング対応などの史上最強となるXbox Oneの上位版ゲーム機です。

 会場は例年と同じロサンゼルスのGalen Centerです。
 例年通りであればXbox公式サイトやニコニコ生放送などで発表会の中継映像が配信されるとみられます。

 情報元:twitter


Xbox Live 無料開放キャンペーンが今週末に開催

 マイクロソフトが2月16日~19日まで、「Multiplayer All-Access」キャンペーンを開催しています。
 このキャンペーンはマルチプレイがXbox Liveのすべての会員に無料開放されるというものです。

 さらに期間中は『ロケットリーグ』と『NBA 2K17』を無料でダウンロード、プレイすることができます。
 両タイトルはセールも行われていて、製品版を購入すれば無料期間中のゲームの進行状況を引き継いでプレイすることができます。



 関連ページ:Xbox公式サイト


ヒットマン・アブソリューションがXbox One 互換機能に対応

 日本マイクロソフトは『ヒットマン・アブソリューション』がXbox Oneの互換機能に対応したと明らかにしています。
 『ヒットマン・アブソリューション』は暗殺者47が依頼された暗殺任務をさまざまな手段で遂行するアクションゲーム『ヒットマン』シリーズ作品で、2013年に発売されています。

 ICAで47のオペレーターを務めてきたダイアナの暗殺依頼を組織から受けた47が、彼女から最後に託された少女ヴィクトリアを守り、ダイアナの死の裏に隠された真実を求めるため、組織を離れて混沌の渦中へと身を投じます。

 情報元:Major Nelson


【海外】フォーオナー ローンチトレーラーが公開

 ユービーアイソフトが2月16日に発売する『フォーオナー』のローンチトレーラーが公開されています。
 『フォーオナー』は甲冑に身を固めたナイトと荒ぶる残虐なヴァイキング、ミステリアスで容赦ない侍の3つの勢力が三つ巴の戦いを繰り広げる3人称視点のメレーアクションゲームです。
 戦闘システム「アート・オブ・バトル」は直観的でシンプルな操作で、実際の決闘を再現するようにデザインされています。

 ストーリーキャンペーンでは侍の「大蛇」やヴァイキングの「レイダー」、騎士の「ウォーデン」らが生存を賭けて戦う壮大な物語が展開、1人プレイだけでなく2人協力プレイに対応しています。
 マルチプレイは最大4対4で、3つのエリアを奪い合う「ドミニオン」やチームデスマッチの「スカーミッシュ」など5つのゲームモードがプレイできます。
 さらに3つの勢力のいずれかに属して勢力争いを行い、マルチプレイの結果で支配地域が変動する「ファクションウォー」モードも用意されています。



 情報元:『フォーオナー』公式サイト




マイクロソフトMVP
Microsoft MVP for Xbox