RSS

Xbox、Xbox 360 最新ニュース

HDリマスター版 メタルウルフカオス XDが2018年に発売

 フロムソフトウェアが『メタルウルフカオス XD』を2018年に発売すると明らかにしています。
 『メタルウルフカオス XD』は初代Xboxで発売された『メタルウルフカオス』のHDリマスター版です。
 『メタルウルフカオス』はクーデターでアメリカ全土を制圧した副大統領に対し、主人公のアメリカ大統領マイケル・ウィルソンがパワードスーツで挑むアクションゲームです。
 独特なセリフ回しや荒唐無稽なキャラクター設定で現在もカルトな人気を誇っています。

 『メタルウルフカオス XD』はオリジナル版の魅力はそのままに現世代ゲーム機にあわせて最適化。一部テクスチャやビジュアルエフェクトが向上、フルHD化、4K対応(アップスケールでの4K相当表示)されています。



 情報元:『メタルウルフカオス XD』公式サイト


Star Wars Jedi: Fallen Orderが2019年末に発売、STAR WARS バトルフロントIIでクローン・ウォーズの新コンテンツがリリース

 エレクトロニックアーツが『Star Wars Jedi: Fallen Order』を2019年ホリデーシーズンに発売、また『STAR WARS バトルフロントII』で「クローン・ウォーズ」を題材にした新コンテンツがリリース予定です。
 『Star Wars Jedi: Fallen Order』は映画「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」直後、生き残りのパダワンに起こった出来事が描かれるアクションアドベンチャーです。
 開発は『タイタンフォール』シリーズを手がけるRespawn Entertainmentです。

 『STAR WARS バトルフロントII』では「クローン・ウォーズ」を題材に、オビ=ワン・ケノービやアナキン・スカイウォーカー、グリーバス将軍、ドゥークー伯爵といったキャラクターや新モードが登場します。
 また6月12日からは『STAR WARS バトルフロントII』の「ハン・ソロ」シーズン後半として、惑星ケッセルを舞台にした新マップ、ランドのミレニアム・ファルコンなどがリリースされます。



 情報元:『Star Wars Jedi: Fallen Order』公式サイト
 情報元:『STAR WARS バトルフロントII』公式サイト


ライオットアクト3 発売が2019年2月へ延期

 マイクロソフトが『Crackdown 3(ライオットアクト3)』の発売を2019年2月へ延期すると明らかにしています。
 延期の理由はクオリティアップのためで、Xbox E3 2018 ブリーフィングで詳報をお伝えするとしています。
 『ライオットアクト3』は法を執行する超人的なエージェントとして、凶悪犯罪組織と戦うオープンワールドのアクションゲームです。クラウドコンピューティングを利用したオンライン対戦やXbox One Xの4K描画に対応しています。

 なお『ライオットアクト3』の開発関係者がWindows Centralに語ったところによると、開発は順調で、マイクロソフトは『ライオットアクト』シリーズを『Halo』や『Gears of War』、『Forza』シリーズ並みのフランチャイズまで高めたいと考えているそうです。

 情報元:Windows Central


レインボーシックスシージ Operation Para Bellumが6月7日に配信

 ユービーアイソフトが『レインボーシックスシージ』のYear 3の大型アップデート第2弾「Operation Para Bellum」を6月7日に配信します。
 「Operation Para Bellum」ではイタリアの特殊部隊G.I.S.のオペレーター2名が追加、新マップ「ヴィラ」が登場します。

 自分の分身を映し出し、敵の目を欺く潜入のスペシャリスト「アリバイ」、スモークの先まで映し出すカメラを搭載した砲塔型レーザー砲を装備した「マエストロ」という2名のディフェンスオペレーター、もっとも危険なファミリーが所有する郊外の別荘を舞台にした「ヴィラ」などが収録されています。

 情報元:『レインボーシックスシージ』公式サイト
 情報元:twitter


【海外】E3開催に合わせてXbox One 本体の50ドルオフなど今年最大のセールが実施

 マイクロソフトがE3 2018の開催に合わせて、アメリカで今年最大のセールを6月7日から実施します。
 セール期間中は、Xbox One XやXbox One Sといった本体が50ドル値下げされます。Xbox One Xのセールは今回が初めてです。

 また『モンスターハンターワールド』や『Sea of Thieves』、『PlayerUnknown's Battlegrounds』などゲームソフトの値下げ、コントローラーが10ドル値下げ、Xbox Live ゴールド会員とXbox ゲームパス1か月分が1ドルで販売されます。

 国内でもセールがあるかはいまのところ不明です。

 情報元:Xbox Wire


【海外】State of Decay 2のプレイヤー数が200万人を突破

 マイクロソフトは『State of Decay 2』のプレイヤー数が200万人を突破したと明らかにしています。
 『State of Decay 2』はゾンビアポカリプスな世界を舞台にしたオープンワールドアクション『State of Decay』の続編です。
 ゾンビの大量発生から15か月が経過した世界では文明が崩壊、生き残った人間たちはゾンビ、そして飢えや疫病、敵対的な人間たちと戦いながら生き延びようとします。

 プレイヤーは生存者の集団を操作、どこに拠点を作るのか、どれだけ危険を冒して食糧や弾薬などを調達するのか、いつほかの生存者たちに接触するのか、誰を仲間にするのかを判断します。
 プレイヤーの選択や判断によってゲームはリアルタイムに変化していきます。
 Xbox OneとWindows 10版のクロスプレイに対応、最大4人での協力プレイが可能です。



 情報元:Xbox Wire


ヒットマンシリーズ新作が6月7日に発表

 ワーナーが『ヒットマン』シリーズ新作を6月7日に発表します。
 『ヒットマン』シリーズは暗殺者47がさまざまな暗殺ミッションに挑むステルスアクションです。
 英アイドスを買収したスクウェア・エニックスがシリーズの権利を持っていましたが、昨年5月にシリーズ開発元IO Interactiveの事業から撤退すると発表、IO Interactiveの経営陣がマネジメントバイアウトを実施し、独立系デベロッパーとなっていました。

 シリーズ新作の詳細は不明ですが、ワーナー公式サイトで一時的に『ヒットマン2』のロゴが掲載されています。

 情報元:Eurogamer


アサシンクリードオデッセイが発表、E3 2018で詳細を公開 古代ギリシアが舞台か

 Ubisoftが『Assasin's Creed Odyssey』を発表、ティーザー映像を公開しています。
 ティーザー映像はわずか数秒のトレーラーとタイトルロゴだけですが、ギリシア・ローマ風の甲冑を身に着けた人物の映像、タイトルロゴに描かれたスパルタのΛ(ラムダ)から、古代ギリシアが舞台になるとみられます。

 詳細はE3 2018で発表されます。

 情報元:twitter


グランド・セフト・オート・サンアンドレアスなどロックスターの3タイトルが6月7日に互換対応

 ロックスターゲームスは6月7日に同社3タイトルがXbox One 互換機能に対応すると明らかにしています。
 互換対応するのは『ミッドナイトクラブ:ロサンゼルス』、『Rockstar Games presents Table Tennis』、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス』(日本未発売)の3タイトルです。

 ロックスターゲームスの作品では『レッド・デッド・リデンプション』や『グランド・セフト・オートIV』、『Bully』も互換対応しています。

 情報元:ロックスターゲームス


【海外】ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクションが配信

 カプコンが海外で『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション』を配信しています。
 『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクションインターナショナル』は『ストリートファイター』シリーズの30周年記念作品で、『ストリートファイターII』や『ストリートファイターIII』、『ストリートファイター ZERO』など12タイトルが収録されています。

 国内では2018年春に配信予定でしたが、作品名やボイス、テキストが英語表記であることにユーザーから要望が寄せられ、発売が延期されています。



 情報元:ゲームストア(アメリカ)




マイクロソフトMVP
Microsoft MVP for Xbox