RSS

Xbox、Xbox 360 最新ニュース

【噂】Gears of War 5やForza Horizon 5が発売? 北米量販店に未発表タイトルの予約ページが登場

 カナダの量販店ウォルマートが未発表タイトルの予約ページを一時的に多数公開しています。
 掲載されていたのは『Gears of War 5』や『Forza Horizon 5』、『ドラゴンクエスト2』、『スプリンターセル』、『Rage 2』などの未発表タイトルです。

 ただし北米の量販店では確実な情報がないのに予約ページが掲載されることがあり、海外メディアは懐疑的にみています。

 情報元:Game Informer


【噂】コールオブデューティー ブラックオプス4はシングルプレイキャンペーンが未収録?

 関係者がPolygonに語ったところによると、『コールオブデューティー ブラックオプス4』にはシングルプレイのストーリーキャンペーンモードが未収録だそうです。
 『コールオブデューティー ブラックオプス4』ではマルチプレイとゾンビモードを収録、またCharlie Intelによると、『PlayerUnknown's BattleGrounds』や『フォートナイト』のようなバトルロイヤルモードも用意されます。

 マルチプレイでは対戦以外にも協力モードがあり、シングルプレイのストーリーモードと同様の体験が協力モードで行えるようです。

 Activisionは5月17日に『コールオブデューティー ブラックオプス4』の詳細を発表予定です。

 情報元:Polygon


【噂】コールオブデューティーモダンウォーフェア2 リマスター版がキャンペーンモードのみでリリース?

 charlieINTELが関係者から入手した情報によると、Activisionが『コールオブデューティーモダンウォーフェア2』のリマスター版をリリースするらしいです。
 『コールオブデューティーモダンウォーフェア2』は現代戦を題材にした『コールオブデューティーモダンウォーフェア』シリーズの2作目です。
 ロシアの超国家主義者マカロフの策謀でロシアがアメリカへ侵攻。プレイヤーは世界中から集められた精鋭によって結集された特殊部隊タスクフォース141の隊員として、世界各地でマカロフの動向を追うというストーリーです。

 リマスター版はキャンペーンモードのみ、マルチプレイなしで発売されるようです。
 なおActivisionは『コールオブデューティ4 モダンウォーフェア』のリマスター版を昨年リリースしています。

 情報元:charlieINTEL


【噂】アサシンクリード次回作は古代ギリシアが舞台で2019年に発売?

 ユービーアイソフトの複数の関係者が語ったところによると、『アサシンクリード』シリーズ次回作は古代ギリシアが舞台で2019年に発売されるらしいです。
 当初は古代ギリシアが『アサシンクリードオリジンズ』の舞台の1つとして登場する計画だったものの、単独のゲームとして発売されるよう計画が変更されたそうです。
 次回作の開発は2017年初頭にスタート、2019年秋にリリースされます。

 『アサシンクリードオリジンズ』と同時代が舞台であればギリシアのローマ化が進んでいる頃になりますが、古典期やヘレニズム時代など、どの時代が題材になるかは不明です。

 情報元:VG247


【噂】バトルフィールド5は第二次世界大戦が舞台?

 匿名の関係者がGamesBeatに語ったところによると、エレクトロニックアーツが今年発売する『バトルフィールド』シリーズ最新作は、第二次世界大戦が舞台になるそうです。
 最新作はEA内部で『バトルフィールド5』と呼ばれていて、ストーリーモードは『バトルフィールド1』のようなエピソード形式になります。
 またランダム生成されるコンクエストミッションを分隊でプレイする協力モードがあるほか、性能に影響しない衣装を入手するルートボックスが用意されます。

 GamesBeatでは開発中のタイトル画面のリーク画像も掲載されています。

 第二次世界大戦を舞台にしたストーリーキャンペーンは『バトルフィールド 1942』のみで、事実であればシリーズ1作目以来の第二次世界大戦モノとなります。

 情報元:GamesBeat


【噂】グランド・セフト・オートVIの舞台はバイスシティで発売は数年先に?

 関係者がThe Knowに語ったところによると、『グランド・セフト・オートVI』の舞台はバイスシティになるそうです。
 バイスシティは『グランド・セフト・オート・バイスシティ』などに登場するマイアミをモチーフにしたリゾート都市で、それ以外にもいくつかのミッションは南米が舞台になっています。
 また主人公として、シリーズで初めて女性キャラクターが登場します。

 発売はまだ先で、2021年~2022年頃とのことです。

 情報元:The Know(YouTube)


今年のコールオブデューティーシリーズはブラックオプス4に?

 Eurogamerが複数の情報筋から入手した情報によると、Activisionが『Call of Duty: Black Ops 4』を2018年に発売するようです。
 業界関係者Marcus Sellarsによると、「Black Ops 4」の舞台は現代になるそうです。

 『コールオブデューティ ブラックオプス』シリーズは歴史的な事件の裏で暗躍する特殊部隊を描いていて、これまでのシリーズでは冷戦時代や近未来が舞台になっています。
 シリーズの開発はTreyarchで、「Black Ops 4」もTreyarchが手がけます。

 情報元:Eurogamer
 情報元:twitter


【噂】マイクロソフトがエレクトロニックアーツを買収?

 マイクロソフト関係者がPolygonに語ったところによると、マイクロソフトがエレクトロニックアーツの買収を検討しているらしいです。
 ほかにもオンラインゲームプラットフォームSteamのValve社、『PlayerUnknown's Battlegrounds』のPUBG Corpが買収先候補として挙がっています。

 業界アナリストらはPlayStation 4と比べてXbox Oneのファーストパーティラインナップが弱いと指摘、ラインナップ強化のための大型買収は十分にあり得るとしています。
 いまのところ発表されている2018年のファーストパーティタイトルは、『Sea of Thieves』、『State of Decay 2』、『ライオットアクト3』です。

 Xbox事業の責任者フィル・スペンサー氏は昨年11月に、新たなスタジオの設立や買収も視野に入れて、ファーストパーティタイトルへの投資を強化すると発言しています。
 マイクロソフトは1300億ドルの現金を保有していて、時価総額350億ドルのEAも買収可能です。

 情報元:Polygon


EAの大作のアクションシューティングAnthemの発売が2019年初頭に延期?

 プロジェクト関係者がKotakuに語ったところによると、エレクトロニックアーツが『Anthem』の発売を2019年初頭へ延期するらしいです。
 『Anthem』はジャングルが広がる惑星を舞台にした、RPG要素のあるシェアードワールドのアクションシューティングです。
 外骨格スーツ「ジャベリン」を身にまとったプレイヤーが、フリーランサーとして仲間とともに危険な土地を探索します。
 「ジャベリン」は冒険で獲得、製作したギアでカスタマイズ可能で、プレイヤーのパワーは未知の世界を進んで行く中で成長していきます。

 昨年のE3 2017で2018年秋発売と発表されていますが、関係者の1人はこの発売時期が「非現実的」と発言しています。
 ただしEAの年度末が2019年3月末のため、2019年3月中には発売されるとみられています。

 情報元:Kotaku


【噂】Fableシリーズ新作をForza HorizonのPlaygroundが開発中?

 プロジェクト関係者がEurogamerに語ったところによると、Playground Gamesが『Fable』シリーズの新作を開発しているそうです。
 新作ゲームはストーリーとキャラクターに重点を置いたオープンワールドアクションRPGで、200人のスタッフが開発に従事、現在は開発の初期段階だそうです。

 Playground Gamesは『Forza Horizon』シリーズをすべて手掛けた開発スタジオです。
 『Fable』シリーズはファンタジー世界アルビオンを舞台に英雄の一生を描いたRPGで、ナンバリングタイトルの最後となる『Fable III』は、Xbox 360で2010年にリリースされています。

 情報元:Eurogamer




マイクロソフトMVP
Microsoft MVP for Xbox