RSS

Xbox、Xbox 360 最新ニュース

見えないものは存在しないコンセプトの対戦レース Runbowが配信

 13AM Gamesが『Runbow』をID@Xboxタイトルとして配信、あわせて7月後半のGames with Gold対象タイトルに選ばれています。
 『Runbow』は最大9人プレイの対戦レースゲームです。「見えないものは存在しない」がコンセプトで、背景の色が変わると同色の障害物や足場が消失します。

 ゴールを目指す対戦レースや最後まで生き残るサバイバルなどのマルチプレイのほか、課題をクリアするチャレンジモードなどさまざまなマルチプレイモードが用意されています。

 価格は1490円ですが、7月後半のGames with GoldとしてXbox Live ゴールド会員は無料で入手できます。
 またアニメパックやスチームパンクパックなど、キャラクターカスタマイズのダウンロードコンテンツが配信されています。



 情報元:ゲームストア


アケアカNEOGEO マジカルドロップ2が配信

 ハムスターが『アケアカNEOGEO マジカルドロップ2』を配信しています。
 『マジカルドロップ2』は1995年にデータイーストから発売されたアクションパズルです。
 画面上部のドロップを吸ったあとに吐くことでドロップを再配置、縦の列で同じ色のドロップを3つ以上並べるドロップを消すことができます。

 価格は842円です。
 「アケアカNEOGEO」シリーズはNEOGEOの往年の名作を忠実に再現することをコンセプトに開発、今年2月のシリーズ配信開始から本作で21タイトル目となります。

 情報元:ゲームストア


プリズンアーキテクト ダウンロードコンテンツ 精神科病棟が配信

 Double Elevenが『プリズンアーキテクト』のダウンロードコンテンツ「精神科病棟」を配信しています。
 「精神科病棟」はその名の通り精神科病棟がテーマで、心の病を抱えたユニークな受刑者や刑務所体験をガラリと変える新刑務所長、精神科医などの新スタッフ、パッド付き独房や心の病受刑者棟といった刑務所設備が収録されています。

 『プリズンアーキテクト』はプレイヤーが建造責任者と刑務所長を兼任して刑務所を運営するシミュレーションゲームです。
 プリズン・ストーリーモードでは小さな刑務所の運営からスタート、運営のノウハウをマスターしながら徐々に大規模刑務所へ移行していく中で、火災や人質事件、刑務所内の大暴動といった緊急事態に対応していきます。
 またアーキテクト・モードでは更地からオリジナルの刑務所を構築可能で、独房やシャワールームの建造、職員の雇用、再教育プログラムなど、刑務所をすべてコントロールします。

 「精神科病棟」の価格は432円です。
 またゲーム本編と「オールデイ&ナイト」、「精神科病棟」のバンドルパックが3240円で販売されています。

 情報元:ゲームストア(精神科病棟)


アケアカNEOGEO メタルスラッグ2が配信

 ハムスターが『アケアカNEOGEO メタルスラッグ2』を配信しています。
 『メタルスラッグ2』は横スクロールアクションシューティング『メタルスラッグ』の2作目で、1998年に発売されています。
 前作『メタルスラッグ』と比べて新たな乗り物や武器が登場、コミカル色が強くなっています。

 価格は842円です。
 アケアカNEOGEOシリーズでは1作目『メタルスラッグ』も配信中です。

 情報元:


ID@Xbox タイトルのTokyo 42とSpeedRunnersが配信、SpeedRunnersは期間限定で無料配信

 Mode 7が『Tokyo 42』、tinyBuild GAMESが『SpeedRunners』をID@Xbox タイトルとして配信しています。
 『Tokyo 42』は近未来のスタイリッシュな東京を舞台にしたオープンワールドのアクションシューティングで、殺し屋のプレイヤーが暗殺を遂行しつつ、住民全員に影響する陰謀を解き明かします。
 ゲームスタイルは見下ろし視点の『シンジケート』や『グランド・セフト・オート1』の影響を受けています。

 『SpeedRunners』はスーパーヒーローが競争する2D横スクロールアクションです。
 4人のキャラクターが競争、フックやミサイル、凍結銃などを使って画面外にライバルを追いやることで倒すことができます。
 最大4人での対戦プレイのほか、1人でもAIキャラクターと競争できます。

 『Tokyo 42』の価格は2160円、『SpeedRunners』は1080円です。
 『SpeedRunners』は6月のGames with Gold 対象タイトルで、Xbox Live ゴールド会員は6月中 無料で入手できます。

 情報元:ゲームストア(Tokyo 42)
 情報元:ゲームストア(SpeedRunners)


カードゲームとアクションが融合した初代Xboxの名作ゲーム ファントムダストが無料配信

 日本マイクロソフトが『ファントムダスト』をXbox OneとWindows 10で無料配信しています。
 『ファントムダスト』はカードゲーム要素のある対戦アクションゲームで、初代Xboxで2004年9月に発売、今回はそのHDリマスター版です。
 プレイヤーは超能力者としてアーセナルと呼ばれるデッキを構築、デッキに含まれる念動系や自然系などさまざまな系統のスキルを駆使して戦います。

 HDリマスター版は16:9に対応、Xbox Oneは1080p、PC版は4K解像度で描画されます。Xbox Play Anywhere対応でXbox Liveでのオンラインプレイはもちろん、Xbox One版とWindows 10版のクロスプレイにも対応しています。
 またカードデータはマイクロソフトのサーバーに保存されているため、ゲームバランスが簡単に調整できるようになっています。

 シングルプレイキャンペーンではミッションに3回失敗するとそのミッションがスキップできるようになり、その場合でもミッション報酬を受け取ることができます。
 さらにいくつかのスキルが「マルチプレイスターターパック」として無料配信されているほか、マルチプレイ用のスキルセットやゲーム内通貨が有料配信されています。



 情報元:ゲームストア


反重力ボールをぶつける対戦アクション リーサルリーグが配信

 Team Reptileが『リーサルリーグ』をID@Xboxタイトルとして配信しています。
 『リーサルリーグ』は相手をめがけて反重力ボールを打ち込む2D対戦アクションです。ボールは打つたびに加速、加速させたボールを相手にぶつけることで大ダメージが与えられます。

 クレイジーなキャンディマンやサイボーグワニのラッチといったストリートスタイルのキャラクターが登場、バトルロイヤルやチーム戦など最大4人でのオンライン対戦プレイに対応しています。
 価格は1620円です。



 情報元:ゲームストア


反重力のボールをぶつける2D対戦ゲーム リーサルリーグが5月10日にID@Xboxタイトルとして配信

 Team Reptileが『リーサルリーグ』を5月10日にID@Xboxタイトルとして配信します。
 『リーサルリーグ』は相手をめがけて反重力ボールを打ち込む2D対戦アクションです。ボールは打つたびに加速、加速させたボールを相手にぶつけることで大ダメージが与えられます。

 クレイジーなキャンディマンやサイボーグワニのラッチといったストリートスタイルのキャラクターが登場、バトルロイヤルやチーム戦など最大4人でのオンライン対戦プレイに対応しています。
 価格は1620円です。



 情報元:ゲームストア


弾幕シューティング系ダンジョン探索ゲーム Enter The Gungeonが配信

 Devolver Digitalが『Enter The Gungeon』を配信しています。
 『Enter The Gungeon』は絶えず進化を続ける迷宮ガンジョンを舞台に、迷宮内の銃を崇拝するカルト教団ガンデットを潜り抜け、迷宮の奥深くに眠る秘宝「過去を始末する銃」の入手を目指すローグ系の弾幕アクションシューティングです。

 ドット絵で描かれたガンジョンは自動生成で挑戦するたびにマップや敵の配置が変化します。
 プレイヤーはソルジャーやパイロット、プリゾナー、ハンターといったヒーローを選択、ガンジョン内に隠された宝箱からはライフルやミサイル、ショットガン、レーザー銃などの武器が入手できます。

 価格は1750円で、Xbox Play Anywhereに対応しています。



 情報元:ゲームストア


Goat SimulatorのダウンロードコンテンツWaste of Spaceが配信

 Double Elevenが『Goat Simulator』のダウンロードコンテンツ「Waste of Space」を配信しています。
 「Waste of Space」は宇宙空間に浮かぶコロニーが舞台で、コロニー内でヤギが暴れ回るのはもちろん、ホバーバイクや宇宙船で飛び回ることができます。
 また「スター・ウォーズ」や「スタートレック」、「エイリアン」、「ドクター・フー」といったSF映画のパロディが多数散りばめられています。

 『Goat Simulator』はプレイヤーがヤギを操って街を歩き回るオープンワールドのナンセンスなアクションゲームで、あらゆる物を破壊して住人や車を吹き飛ばすなど、ひたすら無敵のヤギとして暴れまわります。
 あらゆる物を破壊することでスコアが加算、ゲームが進行できなくなるようなバグを除き、バグは「愉快なものなので」意図的に修正されていません。

 「Waste of Space」の価格は540円で、ゲーム本編とのセット「Goat Simulator: Waste Of Space Bundle」もリリースされています。



 情報元:ゲームストア




マイクロソフトMVP
Microsoft MVP for Xbox