RSS

Xbox、Xbox 360 最新ニュース

Xbox One ホーム画面のカスタマイズを含む大型システムアップデートがXbox インサイダー向けに配信

 マイクロソフトがXbox インサイダープログラム参加者向けに、今秋の大型システムアップデートの一部機能を先行配信しています。
 今秋のアップデートはカスタマイズがフィーチャーされていて、Xbox Oneのホーム画面が自由にカスタマイズできるようになっています。
 ダッシュボード画面のアップデートは、スピード、カスタマイズ、表現力に注力。「Microsoft Fluent Design」と呼ばれるデザインシステムが導入され、プレイヤーが本体を起動した際に何を表示したいかを簡単に設定できます。

 プレイヤーの行動によって「コンテンツブロック」と呼ばれる領域が進化、たとえばあるゲームをホーム画面に追加すると、そのゲームの開発者のアクティビティフィード、フレンドがそのゲームでオンラインになった際の表示、次に解除できそうな実績、ゲームハブへのリンクなどが領域に追加されます。

 またガイドのタブ切り替えも高速化され、フレンドが遊んでいるゲームへの参加、アプリの切り替え、ストリーミング配信などにアクセスしやすくなっています。
 アクティビティフィードもレイアウトが刷新され、1画面でより多くのコンテンツが確認できるようになったほか、コメントウィンドウを全画面表示にして読むこともできます。

 今秋のアップデートではこのほか、アバターやプロフィールなどの改善も予定されています。



 情報元:Xbox Wire

コメント


コメントを投稿する





コメント投稿前に、コメント投稿にあたっての注意事項をお読みください。




マイクロソフトMVP
Microsoft MVP for Xbox