RSS

Xbox、Xbox 最新ニュース

Xbox One S 1TB ソフト同梱版本体が2月1日から5000円値下げ

 マイクロソフトが「Xbox One S 1TB」の価格を2月1日から5000円値下げします。
 対象となるのは「Forza Horizon 3 同梱版」、「Halo Collection 同梱版」、「Minecraft リミテッドエディション」の3種類です。
 「Forza Horizon 3 同梱版」、「Halo Collection 同梱版」は3万4980円(税込3万7778円)から2万9980円(税込3万2378円)、「Minecraft リミテッドエディション」は3万9980円(税込4万3178円)から3万4980円(税込3万7778円)へ値下げされます。

 「Xbox One S」はXbox Oneの新型本体で、電源を内蔵した上で従来の本体から体積が約40%小型化、より自然な表現が可能となるHDRや4K Ultra HD Blu-Rayに対応しています。

 情報元:Xbox Japan Blog


【噂】マイクロソフトがエレクトロニックアーツを買収?

 マイクロソフト関係者がPolygonに語ったところによると、マイクロソフトがエレクトロニックアーツの買収を検討しているらしいです。
 ほかにもオンラインゲームプラットフォームSteamのValve社、『PlayerUnknown's Battlegrounds』のPUBG Corpが買収先候補として挙がっています。

 業界アナリストらはPlayStation 4と比べてXbox Oneのファーストパーティラインナップが弱いと指摘、ラインナップ強化のための大型買収は十分にあり得るとしています。
 いまのところ発表されている2018年のファーストパーティタイトルは、『Sea of Thieves』、『State of Decay 2』、『ライオットアクト3』です。

 Xbox事業の責任者フィル・スペンサー氏は昨年11月に、新たなスタジオの設立や買収も視野に入れて、ファーストパーティタイトルへの投資を強化すると発言しています。
 マイクロソフトは1300億ドルの現金を保有していて、時価総額350億ドルのEAも買収可能です。

 情報元:Polygon


【海外】Madden NFL 18をMixerで配信 100万円相当のXbox リングプレゼントキャンペーン

 マイクロソフトがアメリカでXbox リングのプレゼントキャンペーンを行っています。
 キャンペーンは『Madden NFL 18』をMixerで配信、1対1のオンライン対戦で勝利した人が対象で、1万ドル相当のXboxデザインの指輪が抽選で1名に贈られます。

 指輪はXboxロゴデザインで、ホワイトゴールドに188個のダイアモンドと46個のグリーンガーネットがちりばめられています。
 締め切りは2月5日です。

 情報元:Xbox Wire


初代Xboxタイトルの互換対応はXbox 360 タイトル以上に複雑

 Xbox事業の責任者フィル・スペンサー氏はtwitter上で、初代Xbox タイトルの互換対応の追加頻度はXbox 360ほど高くないと発言しています。
 初代Xbox タイトルのリリースは10年以上前で、権利保有者からの許諾がXbox 360 タイトルと比べて難しいとしています。

 現時点で互換対応しているのは『Crimson Skies: High Road to Revenge』、『Ninja Gaiden Black』、『Star Wars: Knights of the Old Republic』など13タイトルです。

 情報元:twitter


ゲームサイト更新情報(1月30日)

 ソウルキャリバーVI、初参戦の剣士・グローと、過去のシリーズ作品より登場する3人のキャラクターを紹介(ファミ通.com
 フォーオナー、専用サーバーの実装、戦闘システムの変更を実施するシーズン5 Age of Wolvesが2月15日開幕(ファミ通.com
 生態系と狩りのリアリズム 初心者からみたモンスターハンター:ワールドの魅力とは?(IGN Japan
 戦いはまだ始まったばかり(STAR WARS バトルフロントII 公式サイト


ゲームサイト更新情報(1月29日)

 アサシンクリードオリジンズ、強くてニューゲームが追加予定(Reddit
 グウェント ウィッチャーカードゲームのトッププレイヤーLifecoachさんへのインタビューを掲載 上達のコツや練習法も(電撃オンライン
 ソードアート・オンライン フェイタル・バレット、ストーリーの核心に迫る第6弾PVが公開(ファミ通.com
 【Taipei Game Show 2018】Microsoft台湾、PUBG×Xbox One Xで4Kゲーミングをアピール(GAME Watch


レインボーシックスシージ 2月13日に通常版がアドバンスエディションへ変更

 ユービーアイソフトが『レインボーシックスシージアドバンスエディション』を2月13日に発売します。
 「アドバンスエディション」はこれまでの通常版に代わるもので、すべてのゲームモードとマップがプレイ可能、また600 R6クレジット、Year 3で追加される新モード「Outbreak」の装飾アイテム「Outbreakコレクションパック」10個が同梱されています。
 またYear 3のスタートに合わせて通常版に「Year 3 パス」をセットにした「Year 3 ゴールドエディション」、Year 1とYear 2のオペレーターのアンロックと「Year 3 パス」をセットにした「コンプリートエディション」が発売されます。

 「Outbreak」モードはYear 3の4週間限定イベントです。
 ニューメキシコの小さな町トゥルース・オア・コンシクエンシーズが、原因不明の感染によって市民や兵士たちを中に閉じ込めたまま隔離、プレイヤーはフレンド2名とチームを組んで正体不明の危機に立ち向かいます。

 情報元:ユービーアイソフト公式ブログ


PlayerUnknown's Battlegrounds Xbox One版のプレイヤー数が400万人を突破

 マイクロソフトはXbox One版『PlayerUnknown's Battlegrounds』のプレイヤー数が400万人を突破したと明らかにしています。
 300万人突破を記念して、装飾クレートの購入に使用できる3万バトルポイントがプレゼントされます。対象は1月31日までにゲームを購入、キャラクターを作成した全プレイヤーです。
 また1月23日にはアップデート第6弾が配信され、ゲームのさらなる最適化やバグ修正が行われています。

 『Playerunknown's Battlegrounds』(PUBG)は最大100人が最後の1人になるまで戦う対戦に特化したサバイバルシューティングゲームです。
 プレイヤーは徒手空拳で無人島へパラシュート降下、島内の家や軍事基地などを探索して武器や乗り物を回収しつつ、ほかの99人のプレイヤーとバトルロイヤルを繰り広げます。

 現在はゲームプレビュー(アーリーアクセス)版として配信中で、ユーザーのフィードバックを受けながらパフォーマンスの改善やバランス調整などが行われています。

 情報元:Xbox Wire


ファーストパーティタイトルがXbox Game Passのラインナップから外れることはない

 マイクロソフトは「Xbox Game Pass」に追加されたファーストパーティタイトルが、「Xbox Game Pass」のラインナップから外れることはないと明らかにしています。
 今後発売される『Sea of Thieves』や『State of Decay 2』、『ライオットアクト3』、さらに『Halo』や『Gears of War』、『Forza』シリーズといったファーストパーティタイトルは、発売日に「Xbox Game Pass」のラインナップへ追加されます。
  Xbox Play Anywhere対応タイトルの場合、Xbox One版だけでなくWindows 10版も「Xbox Game Pass」の対象となります。

 「Xbox Game Pass」は月額9.99ドルの定額サービスで、ラインナップされている100タイトル以上のゲームを自由にダウンロード、プレイできます。
 毎月新たなタイトルが追加される一方、一部のタイトルはラインナップから外れることがあります。

 情報元:VG247


フォーオナー シーズン5で専用サーバーが導入

 ユービーアイソフトが『フォーオナー』のシーズン5として「The Age of Wolves」を3月にリリースします。
 「The Age of Wolves」では専用サーバーが導入、ホストの移行やNAT タイプを気にすることなくプレイ可能になります。
 また新たなムーブやアニメーションの追加を含むヒーローのバランス調整、3種類のトレーニングモードが追加されます。

 『フォーオナー』は甲冑に身を固めたナイトと荒ぶるヴァイキング、ミステリアスな侍の3つの勢力が三つ巴の戦いを繰り広げるMOBA系のマルチプレイアクションゲームです。
 1チームあたりのプレイヤーは4人ですが、各陣営には多数のNPCが登場、大軍勢での乱戦が展開されます。



 情報元:『フォーオナー』公式サイト