RSS

Xbox、Xbox 最新ニュース

バトルフィールドVは第二次世界大戦が舞台で10月19日に発売

 エレクトロニックアーツが『バトルフィールドV』を10月19日に発売します。
 『バトルフィールドV』はシリーズの原点に立ち返り、第二次世界大戦を舞台にしたFPSです。
 キャンペーンモードは前作と同じく「大戦の書」形式で、さまざまな兵士の視点によるオムニバスでヨーロッパ戦線を中心に描かれます。

 マルチプレイでは最大64人による「コンクエスト」モードなどのほか、新たに「グランドオペレーション」モードが追加。マップやルールが変わっていく4ラウンド、4日間の戦いが繰り広げられます。
 また4人協力プレイの「コンバインド・アームズ」モードも登場します。

 武器や兵士タイプ、ビークル、見た目などがカスタマイズ可能で、カスタマイズしたキャラクターは「中隊」として保存できます。
 プレミアムパスは廃止され、発売後の追加マップや新モード、ビークル、武器などが「タイド・オブ・ウォー」として無料で提供されます。

 通常版は10月19日発売ですが、EA Accessでは10月11日に先行プレイトライアルが解禁、デラックスエディション購入者は10月16日に先行アクセスできます。
 予約購入が開始されていて、予約特典としてオープンベータへの先行アクセス権が用意されています。



 情報元:『バトルフィールドV』公式サイト
 情報元:ゲームストア


シュールリアルな森を探索する1人称視点のアドベンチャー Shape of the Worldが6月6日に配信

 Plug In Digitalが『Shape of the World』を6月6日に配信します。
 『Shape of the World』は静ひつでシュールリアルな森を探索する1人称視点のアドベンチャーゲームです。

 プレイヤーはサイケデリックな野生があふれる夢の中のような森や水中洞窟、静かな海岸を探索、プレイヤーが優美な動物や儚い花、謎のモノリスなどに接することで、世界が変化していきます。

 価格は1750円です。



 情報元:ゲームストア


サマーアーケード10周年記念セールが5月28日まで開催

 日本マイクロソフトがサマーアーケード10周年記念セールを5月28日まで開催しています。
 セールではXbox Oneの『マーベル VS. カプコン:インフィニット』や『Trials of the Blood Dragon』、『PAC-MAN CHAMPIONSHIP EDITION 2』、Xbox 360の『Castlevania: Symphony of the Night』や『Braid』など、18コンテンツが最大75%オフです。

 なお海外では『LIMBO』や『INSIDE』、『Castle Crashers Remastered』など、31コンテンツがセール対象です。

 情報元:Xbox公式サイト


PlayerUnknown's Battlegrounds 追加マップMiramarが配信

 PUBGが『PlayerUnknown's Battlegrounds』で5月のアップデートをリリースしています。
 今回のアップデートでは砂漠を舞台にした新マップ「Miramar」が追加されています。

 またゲーム中のマップ読み込みに予測システムを導入、プレイヤーが入ろうとした建物のレンダリングが遅すぎる、家具が読み込まれずにキャラクターが家具にハマってしまうといった問題が解消。そのほかさまざまな最適化やバグ修正が行われています。

 情報元:『PlayerUnknown's Battlegrounds』公式フォーラム


鉄拳7 発売1周年記念アイテムが5月31日に無料配信

 バンダイナムコエンターテインメントが『鉄拳7』の発売1周年を記念して、追加アイテムセットを5月31日に無料配信します。
 追加アイテムセットにはストーリーモードのコスチュームセット、新日本プロレスとのコラボコスチュームやパネル、女性キャラ用ヘアセット、クリスマス水着セット、開発スタッフ描き下ろしパネルセットなど、10種類のアイテムセットが収録されています。

 情報元:『鉄拳7』公式サイト


ゲームサイト更新情報(5月24日)

 バトルフィールド5、マルチプレイ対戦の新モードやCo-opモードの搭載、シーズンパスの撤廃など、発表された新要素をまとめて紹介(ファミ通.com
 バトルフィールド5のトレーラーはゲーム内エンジンを用いた映像、課金要素は見た目のみ、ルートボックスは実装せず(IGN Japan
 バトルフィールド5のデザインディレクターインタビュー なぜ第二次世界大戦に回帰したのかなど、いろいろな話を聞いた(4Gamer.net
 Bloodstained: Curse of the Moon、発売を受けて、いま気になる点を五十嵐孝司氏に訊く(ファミ通.com
 CODE VEIN、燃え盛るフィールドで待ち受ける継承者を紹介 新キャラや武器情報も(ファミ通.com


アケアカNEOGEO トッププレイヤーズゴルフが5月24日に配信

 ハムスターが『アケアカNEOGEO トッププレイヤーズゴルフ』を5月24日に配信します。
 『トッププレイヤーズゴルフ』は3つのゲームモード、2タイプのコースがプレイできるゴルフゲームです。
 18ホールの打数で争う「ストロークプレイ」、ホールごとの勝敗数を競う「マッチプレイ」、9ホールの勝敗やスコアをポイント化して勝負する「ナッソーゲーム」があります。

 価格は842円です。

 情報元:アケアカNEOGEO 公式サイト


ライトなローグライクRPG Moonlighterが5月29日に発売

 11 bit studiosが『Moonlighter』を5月29日に発売します。
 『Moonlighter』はライトな2DのローグライクRPGです。
 リノカ村でアイテムショップを経営する主人公ウィルが、店先に並べるアイテムを収集するためダンジョンに潜ります。

 ダンジョンでは武器や防具、資材、アーティファクトが入手可能で、村の住人と交流することで新たな武器や防具を作成、村を復興させていきます。

 価格は2050円です。



 情報元:ゲームストア


Bloodstained: Curse of the Moonの発売が2週間延期で6月6日に変更

 インティ・クリエイツが『Bloodstained: Curse of the Moon』の発売を5月24日から6月6日へ約2週間延期しています。
 延期の理由はインティ・クリエイツ初のマルチプラットフォーム同時発売タイトルとして、各プラットフォーム、リージョンのオンラインストアの設定にかかる時間が考慮できなかったためです。

 『Bloodstained: Curse of the Moon』は80年代の雰囲気が味わえる8bitテイストの2Dアクションゲームで、『Bloodstained: Ritual of the Night』のスピンオフ作品です。

 剣術で戦う主人公の斬月、ムチを使うヒロイン・ミリアム、錬金術師のアルフレッド、コウモリになって飛行できるジーベルの4人のキャラクターを切り替えてプレイします。
 ステージクリア型のゲームプレイで、仲間たちとどのように向き合うかによってエンディングが変化します。

 情報元:『Bloodstained: Curse of the Moon』公式サイト


【海外】ゾンビアポカリプスなオープンワールドアクション State of Decay 2が発売

 マイクロソフトが『State of Decay 2』を海外で発売、Xbox ゲームパスでもリリースされています。
 『State of Decay 2』はゾンビアポカリプスな世界を舞台にしたオープンワールドアクション『State of Decay』の続編です。
 ゾンビの大量発生から15か月が経過した世界では文明が崩壊、生き残った人間たちはゾンビ、そして飢えや疫病、敵対的な人間たちと戦いながら生き延びようとします。

 プレイヤーは生存者の集団を操作、どこに拠点を作るのか、どれだけ危険を冒して食糧や弾薬などを調達するのか、いつほかの生存者たちに接触するのか、誰を仲間にするのかを判断します。
 プレイヤーの選択や判断によってゲームはリアルタイムに変化していきます。
 Xbox OneとWindows 10版のクロスプレイに対応、最大4人での協力プレイが可能です。

 日本では発売カレンダーからも消えていて、日本語のストアページはあるものの購入できません。

 『Sea of Thieves』は国内リリースされているものの未ローカライズ、『State of Decay 2』は未発売となると、ファーストパーティタイトルすら日本ではきちんと発売されないことになってしまいます。



 情報元:Xbox Wire