RSS

Xbox、Xbox 最新ニュース

ゲームサイト更新情報(7月12日)

 Xbox Game Passにロケットリーグが追加(IGN Japan
 Xbox One XとXbox One SがDolby VisionのHDRストリーミング対応(AV Watch


CODE VEINが2019年へ発売延期

 バンダイナムコエンターテインメントが『CODE VEIN』の発売を9月27日から2019年へ延期しています。
 延期の理由はより良い品質、高い遊びごたえのある作品を届けるため、いましばらくの期間が必要なためです。

 『CODE VEIN』は荒廃した近未来を舞台に、主人公の吸血鬼(レヴナント)がバディとともにダンジョンへ挑むアクションRPGです。
 崩壊した世界ではレヴナントたちが血を吸うことでかろうじて人間性を保っているものの、血の欠乏で堕鬼(ロスト)と化した吸血鬼たちが無数に跋扈しています。

 レヴナントの1人である主人公は、自分たちがなぜ生まれたか、この世界に出口はあるかを探索する旅に出て、崩壊した都市や凍てついた霊峰、火の降る街などを探索、ヴェインと呼ばれる閉鎖社会に眠る巨大な秘密を探ります。

 6月に発売日決定が発表されたばかりですが、それから1か月ほどで延期が決定されています。



 情報元:『CODE VEIN』公式サイト


2DファンタジーRPG フェルンズゲートが近日中に配信

 ケムコが『フェルンズゲート』を近日中に配信すると明らかにしています。
 『フェルンズゲート』はファンタジー世界を舞台にした2D RPGで、スマートフォン版がすでにリリースされています。
 平和な世界で学生として暮らしていた主人公の少年ユウが、異世界フェルンランドで目覚め、同じくく平和な世界からやって来た少女リンとともに、魔王クラングオーロに立ち向かい、フェルンランドに隠された真実に近づきます。

 戦闘はエイユウや仲間と2人1組でタッグを組んで魔物とバトル。サブポジションの後衛キャラクターは、メイン戦力の強化や敵への追撃といった援護を行います。
 またタッグを組み相手によって強力な合体魔法を放つことができます。



 情報元:twitter
 情報元:『フェルンズゲート』公式サイト


アケアカNEOGEO ザ・スーパースパイが7月12日に配信

 ハムスターが『アケアカNEOGEO ザ・スーパースパイ』を7月12日に配信します。
 『ザ・スーパースパイ』はCIA 特殊部署のロイ・ハート少佐が、テロ集団ゾルゲ・キングと戦うアクションゲームです。

 パンチやキック、銃などを駆使してテロリストと戦い、捕らわれている人々を助けることで体力や弾薬の補充、マシンガンを獲得できます。
 敵を倒すことで経験値が溜まってレベルアップするRPG要素もあります。

 価格は842円です。

 情報元:アケアカNEOGEO 公式サイト


ファークライ5 ダウンロードコンテンツ第2弾ロスト・オン・マーズが7月17日に配信

 ユービーアイソフトが『ファークライ5』のダウンロードコンテンツ第2弾「ロスト・オン・マーズ」が7月17日に配信されます。
 「ロスト・オン・マーズ」はなんと火星が舞台で、火星へテレポートしたニックが宇宙世代の強力なテクノロジーを駆使しながら、火星のクモ型生命体に立ち向かいます。
 地球を狙う8本足の侵略者を退けるため、人類最後の希望である超高度AI ANNEの再起動を目指します。

 価格は1296円です。



 情報元:『ファークライ5』公式サイト


【海外】スポーツホワイトスペシャルエディションのコントローラーが発売

 マイクロソフトが海外で「Xbox ワイヤレスコントローラー スポーツホワイトスペシャルエディション」を7月31日から発売します。
 このコントローラーはスポーツのライフスタイルにインスパイアされた新たな「スポーツ」シリーズコントローラーの第1弾です。
 エネルギッシュなフレッシュホワイトのベースカラーに、ミント色やグレイとシルバーのパターンが配色されています。

 また合わせて、Controller Gearが同配色の充電スタンドを発売します。

 情報元:Xbox Wire


ゲームサイト更新情報(7月11日)

 野村哲也氏を直撃 キングダム ハーツIII、E3 2018発表内容を中心に訊くインタビュー完全版(ファミ通.com
 ザ クルー2、レビュー アメリカ全土をドライブ三昧できるオープンワールド(GAME Watch
 コンパクトなバトルロイヤルゲームDarwin Project、Steam早期アクセス版に続きXbox One向けゲームプレビュー版もF2P化(4Gamer.net
 WWE 2K19、早期購入者特典としてラウディことロンダ・ラウジーが参戦(GAME Watch


宇宙ステーションが舞台のSFアドベンチャー Tacomaが国内でも配信

 Fullbrightが『Tacoma』を国内で配信しています。
 『Tacoma』は2088年の宇宙ステーションTacomaを舞台に繰り広げられるアドベンチャーゲームです。
 プレイヤーは調査官としてTacomaの6人のクルーの生活や任務、危機に立ち向かった様子を追体験して、クルーたちに何が起きたのかを解き明かします。

 クルーの行動は先端監視システムで記録されていて、双方向ARとして映像や音声を再生することができます。
 クルーの営みは枝分かれと再結合を繰り返すパラレルストーリーで、さまざまな視点を追っていくことでストーリーがつながっていきます。

 価格は2350円です。
 当初は国内未配信、海外でのみリリースでしたが、ユーザーの働きかけで配信が実現しています。



 情報元:ゲームストア


F1 2018が国内でも9月20日に配信

 ゲームストアの予約情報によると、Codemastersが『F1 2018』を国内で9月20日に配信します。
 『F1 2018』はF1を題材にしたレースゲームの最新作で、2018年シーズンのチームやドライバー、マシン、そしてレギュレーションの変更まで全てが再現されています。
 トロロッソ・ホンダやポール・リカール・サーキット、ホッケンハイムリンク、グリッドペナルティシステムの変更など、実際のF1ルールの変更がゲーム内に反映されています。

 事前予約購入できるのは、ゲーム本編とクラシックカーを収録した「HEADLINE CONTENT DLC PACK」をセットにしたHeadline Editionで、価格は7668円です。
 なおPlayStation 4版はユービーアイソフトが国内で発売予定です。



 情報元:ゲームストア


ステージが自動生成されるロックマン風アクション 20XXが7月11日に配信

 Batterystaple Gamesが『20XX』を7月11日に配信します。
 『20XX』は『ロックマンX』風の2Dアクションゲームで、20XX年を舞台に遠距離武器を操るニナと近接武器で戦うエースが悪の組織と戦います。

 ステージはプレイのたびにランダム生成、パワーアップは100種類以上からランダム取得、パーマデスとローグライクな要素が採り入れられていて、オンラインでの2人協力プレイに対応しています。



 情報元:ゲームストア