RSS

Xbox、Xbox 最新ニュース

DARK SOULS REMASTERED ロンチトレーラーが公開

 フロムソフトウェアが5月24日に発売する『DARK SOULS REMASTERED』のローンチトレーラーを公開しています。
 『DARK SOULS REMASTERED』は2011年にリリースされた高難易度のアクションRPG『DARK SOULS』のリマスター版です。
 ゲームバランスはそのままに、グラフィックは1080p / 60fpsに対応、オンラインマルチプレイは専用サーバーで最大6人プレイに対応、フレンドとマッチングしやすくなる「合言葉マッチング」機能が追加されています。
 また過去世界ウーラシールを舞台にしたダウンロードコンテンツ「Artorias of the Abyss」の内容も収録されています。

 ダークファンタジーの世界観やダンジョン探索の緊張感、奥深い戦闘の駆け引き、非同期によるほかのプレイヤーとの緩いつながり、高い達成感で、国内だけでなく海外でも数々のメディアでGame of the Yearを受賞するなど、非常に高い評価を受けています。



 情報元:『DARK SOULS REMASTERED』公式サイト


幻想的で芸術的な手描きパズル Gorogoaが配信

 Annapurna Interactiveが『Gorogoa』を配信しています。
 『Gorogoa』は絵の描かれたタイル同士をつなぎ合わせるパズルゲームです。タイルの絵は拡大縮小したり、スライドさせることでほかのタイルとつながり、主人公の少年と街に出現した巨大な生物の物語が展開されていきます。

 グラフィックはすべて手描きで、幻想的な雰囲気のアーティスティックな作品です。

 価格は1620円です。



 情報元:ゲームストア


Halo Fireteam Ravenは343 IndustriesのHaloシリーズ次回作の開発に影響なし

 343 IndustriesのコミュニティディレクターBrian Jarrard氏は、アーケードゲーム『Halo: Fireteam Raven』が『Halo』シリーズ次回作の開発期間に影響を与えることはないと発言しています。
 343 Industriesは協力を行っているものの、『Halo: Fireteam Raven』の開発はRaw ThrillsとPlay Mechanixで、『Halo』シリーズの書籍や玩具と同じく、343 Industriesによる次回作の開発への影響はゼロだとしています。

 次回作は未発表ですが『Halo 5: Guardians』は2015年発売で、そろそろ発表があってもおかしくはありません。

 情報元:twitter


ゲームサイト更新情報(5月22日)

 ライフイズストレンジ ビフォアザストーム、新たなイベントシーンとともに3号連続で本作の魅力に迫る(ファミ通.com
 ロックマン、30周年特集第2弾 アニバーサリータイトル4作品を徹底解説(ファミ通.com
 SF史に残る(べき)ゲームたち:第7回デウスエクス マンカインド・ディバイデッド――サイバーパンクの自己反省(IGN Japan
 Microsoftの斬新なコントローラーXbox Adaptive Controllerはこうして生まれた(ITmedia PC User


ゲームサイト更新情報(5月21日)

 シュガー・ラッシュのラルフも登場 キングダムハーツIII、世界初の試遊を詳細リポート(ファミ通.com
 キングダムハーツ III、世界最速試遊で海外プレスから感嘆の声 Premiere Invitation現地リポ(ファミ通.com
 コールオブデューティ ブラックオプス4、マルチ対戦の設計思想からバトロワ系モードの小ネタまでデザインディレクターに直撃(ファミ通.com
 レインボーシックスシージ、新オペレーターAlibi、Maestroのプレイ動画と詳細情報をお届け ホログラム、レーザー搭載遠隔操作カメラが登場(ファミ通.com


コールオブデューティ ブラックオプス4 マルチプレイ、ゾンビ、ブラックアウトの3つのゲームモードが発表

 Activisionが10月12日に発売する『コールオブデューティ ブラックオプス4』のマルチプレイゲーム映像を公開、3つのゲームモードを公表しています。
 『コールオブデューティ ブラックオプス4』ではストーリーキャンペーンを廃止、代わりにマルチプレイの各スペシャリストのソロミッションをプレイすることで背景を知ることができます。

 用意されているのは対戦モードの「マルチプレイ」、SFファンタジーや古代の剣闘士を題材にした3つのストーリーの「ゾンビ」モード、そしてバトルロイヤルの「ブラックアウト」モードです。
 「ブラックアウト」モードでは、歴代「ブラックオプス」シリーズのハドソンやメイソン、レズノフ、メナンデス、ウッズといったキャラクターや武器が登場します。

 「マルチプレイ」モードではウォールランやスラストジャンプは登場せず、チームワークと射撃精度を重視する地上戦にフォーカスしています。
 ヘルスの自動回復はなくプレイヤーが自身で回復する必要があるため、押し切るべきか、後退して回復すべきかといった戦術的な動きが重要です。
 またヘルスの回復パックをリチャージするクラッシュなど、それぞれ特徴を持った「スペシャリスト」が用意されていて、ここでもチームワークと戦術的な行動が重視されます。





 情報元:Xbox Wire


【海外】No Man's Skyが7月24日に発売、マルチプレイモードが登場

 Hello Gamesが『No Man's Sky』を7月24日に発売します。
 『No Man's Sky』は宇宙を旅して幾多の惑星を探索する非常に自由度の高いSFアクションアドベンチャーです。
 惑星から惑星へと小型宇宙船で旅をして探索した惑星で資源を回収。集めた資源を異星人と交易し、宇宙船や武器、スーツをアップグレードしてさらなる冒険へと向かいます。

 灼熱の地や極寒の大地、放射性物質の嵐が吹き荒れる地など無数の惑星は自動生成され、惑星の組み合わせは1800京個以上です。
 惑星間はシームレスに移動することができます。

 Xbox One版の発売時にはマルチプレイモードも収録、フレンドを助けることも自分が生き残るために犠牲にすることもできます。
 また共同でコロニーを建築することも可能で、建設されたシェルターやコロニーは全プレイヤーに共有されます。

 情報元:Xbox Wire


【海外】アーケードゲームHalo: Fireteam Ravenが発表

 Raw ThrillsとPlay Mechanixがアーケードゲーム『Halo: Fireteam Raven』を発表しています。
 『Halo: Fireteam Raven』は最大4人プレイ対応のガンシューティングで、『Halo: Combat Evolved』と同じ時間軸のアルファヘイローが舞台です。

 プレイヤーはODSTのFireteam Ravenとして、マスターチーフやUNSCとともにコヴナントやフラッドに立ち向かいます。
 4K、130インチモニターでプレイ可能で、米アミューズメント施設デイブ&バスターズでは今夏に稼働予定です。



 情報元:Halo Waypoint


Xbox Live 無料開放キャンペーンが週末に開催

 マイクロソフトがXbox Live 無料開放キャンペーン「Free Play Days For All」を5月17日~5月21日まで開催します。
 キャンペーン期間中はXbox Live 無料会員もオンラインマルチプレイが楽しめます。

 さらに期間中は『レインボーシックスシージ』と『Fallout 4』の無料アクセスも実施、Xbox Live 会員は無料でゲームをダウンロード、プレイできます。



 情報元:Xbox Wire


ユービーアイソフトがE3 2018で今秋発売の新作タイトルを発表、Skull & Bonesは2019年度へ延期

 ユービーアイソフトがE3 2018で今秋発売の新作タイトルを発表、また『スカルアンドボーンズ』の発売が2018年秋から2019年度(2019年4月~2020年3月)へ延期されています。
 『スカルアンドボーンズ』は来年度に延期されたものの、ユービーアイソフトは年内に大作を3タイトルリリースすると公表。2タイトルは『ザ・クルー2』と『ディビジョン2』ですが、もう1タイトルは未発表で、E3 2018で初披露されます。

 『スカルアンドボーンズ』は海賊の黄金時代である18世紀前半を舞台にした、オープンワールドのタクティカルアクションゲームです。
 大英帝国の恩赦を拒絶したプレイヤーは、海賊船の船長としてカリブ海やインド洋を航海、植民地を広げるヨーロッパの国々と敵対、交易船を襲撃しつつ、海賊船団を増強していきます。

 ほかのプレイヤーと共有したオープンワールドの中で、乗組員や海賊船をカスタマイズ、ほかのプレイヤーと時には協力して海賊行為を行ったり、時には敵対します。

 情報元:Game Informer