XNEWS
 2003年9月下半期のニュース

9月のニュースは 268 件でした
09月30日
日本の戦略の焦点は三つ ロビー・バック氏インタビュー (Official)
日本市場の戦略構想について、Xbox最高責任者のロビー・バック氏へのインタビューです。
バック氏は日本市場の戦略について、「強い組織、強力なリーダーシップ」、「コンテンツ」、「Xbox Live」の3つの焦点を挙げています。
コンテンツは日本製タイトルと海外からのローカライズの両方に注力するそうで、ローカライズは自社タイトル、他社タイトルの後押し、ワールドコレクションの3つの方法を用意しているそうです。

なおバック氏の今回の来日の目的ですが、もちろんゲームショウでのプレゼンや各メディアとのインタビュー、メーカーとの話し合いもありますが、「かなりの時間を日本の人事に費やしました」とのこと。
丸山氏が新たにジェネラル・マネージャーに就任していますが、いっそうの体制強化が計られたのでしょう。
HALO 2の完成度は90% Bungie Pete Parsons氏インタビュー (Blick Online)
HALO 2について、Bungie責任者のPete Parsons氏へのインタビューです。
まずHALO 2の発売日ですが、2004年3月か4月を目指しているとのこと。
進行度合いはインタビューを行った時点(X03ヨーロッパ)で90%だそうですが、Parsons氏は「残りの10%がもっとも難しい」とコメントしています。
また続編やBungieの次回作についてはなにも考えていないそうですが、HALOの世界はとても柔軟なのでHALO 3を制作することもできるとか。

時期を考えればBungieの次回作はXbox2のローンチタイトルあたりになるでしょうね。
HALO 3をXbox2で発売でしょうか。
ボイスチャットのライブ感 レベルファイブ日野社長インタビュー (Official)
トゥルーファンタジーライブオンラインについて、レベルファイブの日野社長へのインタビューです。
といってもゲームショウではなくて、8月末に福岡で開催されたGFF2003でのインタビューとなっています。
レベルファイブはソフトの品質に絶対的な責任を果たすことを信条としているそうで、TFLOも普通はこだわらない細部にまでかなりこだわっているとのこと。
ボイスチャットは特にこだわっていて、ゲームをプレイするサーバとボイスチャットのサーバが切り離されているそうです。ゲームショウで実際にプレイして実感した人もいるでしょうが、ほとんどラグのないスムーズな会話を楽しむことができます。

日野社長自身ははじめボイスチャットに否定的だったんですが、実際に体験してみてキーボードでは味わえないライブ感を感じたそうで、「キーボードで会話するその他のMMORPGとはまったく別のものになるでしょう」とまで発言しています。
フリドさん、情報提供サンクスです。
Jade Empireは2004年末発売? BioWare CEOインタビュー (Official)
ゲームショウで初公開となったJade Empireについて、BioWare共同CEOのグレッグ・ゼシュック博士とレイ・ムジーカ博士へのインタビューです。
両氏ともJade Empireの構想は10年前から持っていて、Xboxでようやくそれが実現できるハードが登場したとのこと。Xboxの最新グラフィックエンジンによるグラフィックスの美しさがアピールポイントだそうです。
また発売は2004年末を目指しているそうで、それまでに世界観やストーリーなどは公式サイトで段階を踏んで発表していくとか。
Jade Empireは日本でも発売されますし、日本語版公式サイトも早く立ち上げてほしいですね。
ファミ通Xbox11月号発売 付録はLive2ヶ月無料キットとTFLOガイド (Official)
エンターブレインが月刊ファミ通Xboxの11月号を発売。今回は付録としてXbox Liveの2ヶ月無料キットとトゥルーファンタジーライブオンラインワールドツアーガイドがついています。
本誌ではJade Empireやファントムダストの情報、マイクロソフトの泉水氏とテクモの板垣氏の対談なんかが掲載されています。
セガとアタリが日本での販売契約に合意 (Official)
セガとアタリが提携を行い、アタリグループのゲームタイトルの国内販売をセガが担当するそうです。
第一弾としてゴジラ怪獣大乱闘アドバンス、ターミネーター3、ミッション・インポッシブルの3タイトルが発売されるそうですが、ターミネーター3はPS2のみ、ミッション・インポッシブルはPS2、GCとなっています(北米ではXboxでも発売)。

9月2日にセガが開催したニューラインナップミーティングでは、ターミネーター3はXboxでも発売予定となっていたんですが・・・
ちなみに北米ではアタリはXbox向けとして、Unreal IIやMagic The Gatheringの発売を予定しています(セガが国内で販売するかどうかは未定です)。
PSOエピソード1&2 新規クエスト配信 (Official)
PSOエピソード1&2の新規クエスト「東天の塔」が9月26日から配信されています。
東天の塔は9月5日に配信された心の座で追加された制御塔を舞台にしたクエストで、制御塔のモンスターを一掃するのが任務の目的となっています。
auto modellista U.S.-tuned Xbox Live対応で発売 (Official)
現在PS2とGCで発売されているカプコンのレースゲームauto modellista U.S.-tunedですが、Xbox Live対応でXboxでも発売されるようです。
auto modellistaはセルシェーディングを利用したレースゲームで、Xbox版は最大8人まで同時対戦可能となっています。
アクションRPGの魔界転戦ルーンシティ発売 (ファミ通.com)
セレストブルーが自動生成ダンジョンを舞台としたアクションRPGの魔界転戦ルーンシティを2004年1月に発売するそうです。
ファミ通Xboxの開発者インタビューによるとディアブロに強く影響を受けたアクションRPGだそうで、ダンジョンとアイテムが自動生成となっています。
ただしディアブロとちがってシングルプレイのみ(Xbox Live非対応)で、AIとともにプレイすることになります。
ファミ通Xboxにスクリーンショットが載ってますけど・・・グラフィックはお世辞にもXboxクオリティとはいえませんねぇ
スプリンターセル紹介ページオープン (Official)
Xbox公式サイトにトムクランシーシリーズ・スプリンターセルの紹介ページがオープンしています。
紹介ページでは簡単なゲーム内容の紹介とスクリーンショットが掲載されています。
ところで発売元のユービーアイにも販売元のカプコンにも公式ページがないんですよね。
ちゃんとプロモーションすればミリオンやハーフミリオンは狙えるタイトルなだけに、この扱いは残念です。
電脳大戦Dronez 紹介ページオープン (Official)
メトロスリーディジャパンから発売される電脳大戦Dronezの紹介ページがオープンしています。
といってもごくごく簡単なストーリー紹介とスクリーンショットだけですね。
こちらも公式ページどころか、発売元メーカーのサイトもないですし。これでは売れないですよねぇ・・・
Xbox Nightでピーター・ムーア氏が東京ドーム初登板 (Official)
Xbox公式サイトに9月24日の日ハム・ダイエー戦で行われた、ピーター・ムーア氏の始球式のレポートが掲載されています。
ムーア氏のコメントのほかに、大のXboxファンであるという日ハムのエース金村投手のコメントも掲載。
オフの日は「疲労回復のため、あまり外に出ないでXboxに集中する」そうで、最近はDino Crisis 3にハマっているそうです。
PC版HALO 予約キャンペーン実施 (Official)
HALOの限定プレミアムTシャツが抽選で当たる予約キャンペーンが実施されています。
これは7dream.comやAmazonなど、特定のオンラインショップでPC版HALOを予約すると、抽選で250名にプレミアムTシャツがプレゼントされるというもの。
絵柄はBungie Storeでも売っていないオリジナルとなっています。
InterplayがVivendiとの販売契約を解消 (Official)
Interplay EntertainmentがVivendi Universal Gamesと交わしていた販売契約を解消したようです。
これはVivendiが契約に基づいた支払いを怠ったためだそうで、Interplayは法的措置も辞さない構えです。
アメリカのレンタルチャートでXboxが上位を独占 (Gamespot)
アメリカのゲームレンタルショップGameFlyによると、9月第四週のレンタルチャートトップ10のうち、1位をはじめとして6タイトルがXbox向けソフトだったそうです。
ちなみに残り4タイトルはPS2で、GCはトップ10に1つも入っていません。

1 / Dungeons and Dragons Heroes / Xbox / Atari
2 / Simpsons: Hit & Run / Xbox / Vivendi Universal
3 / WWE Raw 2 / Xbox / THQ
4 / Tiger Woods PGA Tour 2004 / Xbox / EA Sports
5 / Simpsons: Hit & Run / PS2 / Vivendi Universal
6 / Soul Calibur II / Xbox / Namco
7 / Tiger Woods PGA Tour 2004 / PS2 / EA Sports
8 / Otogi: Myth of Demons / Xbox / Sega
9 / Soul Calibur II / PS2 / Namco
10 / Disgaea: Hour of Darkness / PS2 / Atlus

09月28日
ゲームショウ閉幕 3日間で15万人以上が来場 (Softbank GAMES)
東京ゲームショウ 9月26〜28日まで幕張メッセで開催されていた東京ゲームショウが閉幕。来場者は3日間で15万89人だったそうです。
今年は過去最高の出展社数で3日とも天気が比較的よかったこともあり、去年と比べ約1万6000人増となり、主催者側の目標である15万人を突破しています。

ゲームショウで最高の来場者数を記録したのは99年秋の16万3866人で、15万人を突破したのはそれ以来ということになります。
2000年以降はゲーム業界の不振を反映してか、来場者数が急激に減少していましたけど、今年は久しぶりに挽回していますね。
Xbox Championship Vol.2 決勝大会開催 (GAME Watch)
DOAXで行われてきたXbox Championship Vol.2の決勝大会が、東京ゲームショウのマイクロソフトブースで開催されたようです。
決勝大会には全国の予選を勝ち抜いてきた32名が集結。テクモの板垣氏も見守る決勝を勝ったのは関西地区代表の田中さんで、見事100万円分の旅行券と5.1chサラウンドシステムが賞品として贈られました。
板垣氏は大会の模様について、「システムのすべてを使ってプレイしていて、今彼らと戦ったら、僕がすぐ負けちゃいます」とコメントしていたそうです。
PC版HALO 日本語版公式ページオープン (Official)
東京ゲームショウでPC版HALO日本語版の11月14日発売が発表され、公式ページもオープンしています。
公式ページではストーリーやゲームの特長のほか、PC版の最大のウリであるインターネット対戦についても掲載。
PC版で追加されたマップが画像入りで紹介されています。
動作環境はPentium 4 1.4 GHz 以上、ビデオメモリ64MB以上を推奨と、けっこうハイスペックが要求されています。
グラフィックス・物理エンジンを一新 Project Gotham Racing 2開発者インタビュー (GAME Watch)
Project Gotham Racing 2(PGR2)について、開発元Bizzare CreationsのNick Wiswell氏と日本マイクロソフトの具島快氏へのインタビューです。
PGR2はグラフィックや物理エンジン、サウンド、クードスシステムが一新されていて、ほぼすべての面が新しいものになっているとのこと。
コースは10都市92コースで、車は102車種が収録されているそうです。
また実際のラジオDJを起用したラジオステーションはトータルサイズが3GBにも及ぶそうで、1つの曲に20種のコメントを用意。さらに天気や時節に合わせたコメントもあって、プレイ中に同じコメントが繰り返されることはほとんどないそうです。
最後にオンラインプレイですが、オンライン対応PS2ゲームのグランツーリスモ4と比較して、「全く別の角度からオンラインにアプローチしていて、PGR2の方がずっとユーザーフレンドリーで、誰でも簡単に楽しめるようになっている」と語っています。
Jade Empire ゲームショウ公開ムービー (TeamXbox)
Jade Empire 東京ゲームショウで公開されたJade Empireのトレイラームービーが掲載されています。
ムービーは実際のゲームの様子ではなく、イメージムービーになっています。
Jade Empire 英語版公式ページオープン (Official)
開発元であるBiowareがJade Empireの公式サイトをオープンしています。
公式サイトではゲームやキャラクター、戦闘スタイル、ワールドの紹介のほか、スクリーンショットも掲載されています。
プレイできるキャラクターは戦闘のスタイル(格闘技、魔法、武器)によって変わるようで、いまのところ男女2名のキャラが紹介されています。また用意されているキャラだけでなく、プレイヤーがカスタマイズするオリジナルキャラでもプレイできるようです。
青い涙 公式ページリニューアルオープン (Official)
パンサーソフトウェアのアドベンチャーゲーム「青い涙」の公式ページがリニューアルオープンしています。
青い涙は今年5月にPCで発売されたアドベンチャーゲームの移植作で、夢幻を舞台とした夢幻編、前世を舞台にした回想編、すべての謎が解ける現代編の3部構成となっています。
公式ページではいまのところ、ストーリーやキャラクターの紹介、スクリーンショットの掲載が行われています。
1/1コクピット 10月ごろから受注開始 (Official)
東京ゲームショウの鉄騎大戦やProject Gotham Racing 2ブースで使用されていた汎用型1/1コクピットtype00が、10月ごろから受注を開始するようです。
type00は鉄騎用のコクピットというコンセプトからスタートしたもので、ロボットシミュレーションやレースゲーム、フライトシムなどに対応。
価格は20万円程度になるようです。
ゲームショウ コンパニオンの動画と写真集 (gooゲーム)
3日間にわたって開催されたゲームショウですが、各メーカーブースのコンパニオンの動画と写真集が公開されています。
動画はマイクロソフトやバンダイ、エヌシージャパンなど、特にきれいな(?)コンパニオンを紹介。 また写真集は345枚が公開されています。
Ubisoftが契約違反で元社員5人を告訴 (Gamespot)
UbisoftがElectronic Artsに雇われた元社員5人を契約違反で告訴したそうです。
Ubisoftによると、5人は退職後1年間は北米のゲーム業界に再就職しないという契約条項を破って、Electronic Artsのモントリオールスタジオに就職したとのこと。
EAは、「この告訴は5人のキャリアを台無しにするものです。5人はモントリオールから出ていくか、マクドナルドで1年間働かなければいけません」とUbisoftの告訴を批判しています。
09月27日
Xboxは日本から撤退しない (Mainichi INTERACTIVE)
ロビー・バック氏 Xbox事業の総責任者であるマイクロソフトの上級副社長ロバート・バック氏が、毎日新聞のインタビューの中で日本から撤退しないことをあらためて明言したそうです。

バック氏は日本での不振について、PS2より発売が遅れたことやゲームタイトル数の不足と分析。今後の挽回策として、日本でのゲームソフト開発や海外人気ゲームの移植、Xbox Liveの強化を挙げているそうです。

バック氏はゲームや音楽、ビデオといったデジタルエンターテイメントが今後ますます広まっていく中で、Xboxをデジタルエンターテイメントの革命の中心に据えたいとプレス発表会で語っています。
そうなると話はゲームにとどまらず、MS全体の収益にも長期的に大きく関係してきますから、よほどのことがない限り撤退はできないんでしょう。
Xbox Live 日本の加入率は世界最高レベル (ZDNet JAPAN)
Xbox Liveについて、マイクロソフトのホーム&エンターテイメント部門担当副社長ピーター・ムーア氏へのインタビューです。
ムーア氏によると日本のXbox Liveのアタッチレート(Xboxの出荷台数に対するLive加入の割合)は世界トップレベルで、8%前後とのこと(ちなみにPS2のアタッチレートは2%くらいです)。Xboxの日本での出荷台数は45万台程度なので、3万6000人ということになります。
またクレジット以外での課金については、検討していきたいと回答するにとどまっています。

なおXboxの次世代機は公表できることはないとしながらも、「競合他社よりも先に出す」と明言しています。
MSが考えている競合他社といえばソニーですから、PS3よりはXbox2が先に出るということでしょうね。
PS2がイギリスで値下げ (gi)
クリスマス商戦に向けて、イギリスでPS2本体価格が169ポンドから139ポンドに値下げされるそうです。
また限定版シルバーカラーのPS2が149ポンドで販売されるほか、Prince of PerisaやEyeToy、GTAとPro Evolution Soccer 3といったバンドルパックが用意されるようです。
マイクロソフトはX03ヨーロッパでHaloとMidtown Madness 3の2タイトルのバンドルパックを発表していましたが、値下げは行われていませんから、今回のソニーの発表でなにか動きがあるかもしれません。
東京ゲームショウ Xboxブースレポート配信 (Official)
Xbox公式サイトの東京ゲームショウ特設ページで、マイクロソフトブースのムービーレポートがストリーミング配信されています。
TFLOやProject Gotham Racing 2などなど出展タイトルすべてのムービーが配信されているほか、耳寄り情報として新しくスタートするキャンペーンや会場で配布されているグッズ紹介などもあって、総ムービー時間はなんと70分以上です。
5分や10分のムービー配信ならどこのメーカーでもありますけど、70分とはすごい意気込みです。ゲームショウに参加できない人でも雰囲気は十分に味わえるんじゃないでしょうか。
東京ゲームショウ Xboxタイトルのムービーを公開 (ign)
DOA Online 海外ニュースサイトのIGNが東京ゲームショウに出展されたXboxタイトルのムービーを大量に公開しています。
公開されているのはDOA OnlineやNINJA GAIDEN、O・TO・GIなどのムービーで、ゲームショウ初公開のものもかなりあります。

DOA Online
NINJA GAIDEN
ブレイクダウン
鉄騎大戦
O・TO・GI 〜百鬼討伐絵巻〜
魔牙霊
Xboxはゲームキューブの値下げに追随しない (ロイター)
先日アメリカでゲームキューブ本体価格の値下げが発表されましたが、Xbox本体が追随して値下げを行うことはないようです。
Xbox事業の最高責任者ロバート・バック氏は「Xboxは世界で成功しており、PS2と競争している。GCではなく、PS2を意識した価格を設定する」とコメント。
またバック氏はゲーム市場について、今後の10年間で2倍になると予測していて、「ゲームがより広い層にアピールできれば、ゲームの普及率は現行の40%から80%に伸びるだろう」と語っています。
TFLO公式サイト リニューアルオープン (Official)
TFLO公式サイト 昨日もちょこっとだけお伝えしましたが、トゥルーファンタジーライブオンラインの公式サイトがリニューアルオープンしています。
リニューアルして情報量が一気に増えてますね。
キャラクターメイキングの流れからワールドの紹介、スキルやギルド、戦闘などなど詳しく掲載されてます。

キャラクターとして選択できる種族は人間、エルフ、ドワーフといったメジャーなもののほか、チルトやウォーグルといったTFLOオリジナルのものもあるようです。
チルトはねこみみ、ウォーグルはバッファローマン(笑)でしょうか。
TFLO ストーリーの進行で国が滅亡? (TGS2003)
TFLOブース 東京ゲームショウのマイクロソフトブースで行われたステージイベントによると、トゥルーファンタジーライブオンラインはストーリーがあって、国が滅んでしまうこともあるようです。

これはイベント中にレベルファイブの日野社長が明かしたもので、例として権勢を誇っているクレリア王国が滅亡して、クレリア王国の住人が悲惨な目に遭うかもしれないと語っています。
自分の家が焼失して、せっかく集めたレアアイテムがなくなっちゃうこともあるかもしれないそうです。
TFLO公式サイトによると、クレリア王国とゼスカルが対立しているそうですから、ゼスカルが攻めてきて滅ぼされるなんてことがあるんでしょうね。

またベータテストについては、まだ具体的な開始時期は明かせないとしながら、発表は間もなくとしています。けっきょくゲームショウでは発表されないようですね。

ほかのMMORPGでもストーリーがあるものもありますけど、たいていは積極的にプレイヤーが関わらない限り関係ない場合がほとんどで、TFLOのように全員に関係してくるというのは珍しいですね。
あとはプレイヤーの手でストーリーが左右されるのかといったところが気になりますねー。
スプリンターセル 音声まで日本語なのはXboxだけ (Capcom)
東京ゲームショウにプレイアブルで出展されているスプリンターセルですが、音声まで日本語化されているのはXbox版だけとなっています。
Xbox、PS2ともに画面上のテキスト情報は日本語化されていますが、PS2は音声が英語で字幕付きとなっています(PC版も字幕です)。
Xbox版ではキャラクターの発言まで日本語化されていて、主人公サム・フィッシャーの声を玄田哲章さんが担当するなど、豪華声優陣となっているようです。

またKola Cellや潜水艦ミッションといったダウンロードミッションですが、こちらも時期は未定ですがちゃんと日本語化されて配信されるとのこと。
ただし海外版に収録されている特典ムービーについては、収録は未定となっているようです。
アジア版を購入した人でも買いなおす価値がありそうですね。
Vivendiが日本市場初参入 Red Ninja: End of Honorを発売 (Official)
Red Ninja Vivendiが日本の家庭用ゲーム機市場参入第一弾として、XboxとPS2向けアクションゲームRed Ninja: End of Honorを2004年秋に発売するようです。
Red Ninjaは戦国時代を舞台に、忍者の一族の少女・紅(くれない)がワイヤーを武器に復讐を果たそうとするというストーリー。
ストーリーは修羅雪姫などを手がけている映画監督の佐藤信介氏が担当しているそうです。

VivendiではRed Ninja以外にも数タイトルを日本向けに発売するようで、来年のゲームショウには自社ブースを出展する予定だそうです。
セガが2004年にオンラインゲームで中国へ進出 (ブルームバーグ)
セガが2004年にPC向けPSOを中国で発売するそうです。
これはセガとしては初の中国進出で、中国語版をセガで開発して運営を現地のメーカーに委託するとのこと。
中国といえば海賊版が問題になっていて、先日発表された任天堂の中国向けゲーム機でも対策が取られていましたが、セガの小口社長は「事業として成功させるには定期的に課金できるオンラインゲームがふさわしい」とコメントしています。
東京ゲームショウ コンパニオン・コスプレ写真館 (Mainichi INTERACTIVE)
いつもは硬派なイメージのMainichi INTERACTIVEが、今年もゲームショウ特設コーナーでメーカーブースのコンパニオンと一般参加のコスプレイヤーの写真を掲載してます。
27日現在でコンパニオンが135枚、コスプレイヤーが115枚と計250枚の写真を掲載。またゲームショウの風景と題して、ブースやステージイベントの様子も載ってます。
ある意味でゲームショウを象徴するコンテンツですね(笑)。
これを見ればゲームショウがわかる・・・かも?
東京ゲームショウで体験版・映像集DVDのXBOX-ism配布 (TGS2003)
東京ゲームショウのマイクロソフトブースで、最新タイトルの体験版と映像を収録したXBOX-ism Tokyo Game Show 2003が配布されています。
XBOX-ismはDVD2枚組で国内で発売される25タイトルが収録されています。

体験版
Dinosaur HuntingBrute Force
Tao FengInside Pitch 2003
NFL Fever 2004Outlaw Golf
Outlaw Volleyball 


映像集
Project Gotham Racing 2トゥルーファンタジーライブオンライン
Halo 2魔牙霊
グーリーズKameo
天空2Fable
トムクランシーシリーズゴーストリコンDinosaur Hunting
Brute Force鉄騎大戦
O・TO・GI 百鬼討伐絵巻真・三国無双3
ブレイクダウンSega GT Online
ソニックヒーローズDOA Online
NINJA GAIDENトムクランシーシリーズスプリンターセル
Tao FengInside Pitch 2003
NFL Fever 2004Outlaw Golf
Outlaw Volleyball 
Half-Life 2 9月30日からホリデーシーズンへ延期 (Gamespot)
PC版Half-Life 2の発売日は9月30日とアナウンスされてきましたが、Vivendiから公式にホリデーシーズンに延期されると発表されたようです。
Xbox版の発売はPC版の後ということになりますから、Xbox版も遅れるんでしょう。
北米でGhost Recon: Island Thunderのオンライントーナメント開催 (Gamespot)
北米でGhost Recon: Island Thunderのチームトーナメントが開催されるそうです。
トーナメントはXbox Live上で2人1組のチームで行われ、予選を9月28日と10月18日に、決勝を10月19日に開催。
優勝者にはBOSEのスピーカーやXbox Liveスターターキット、トムクランシーシリーズの全タイトルなど2000ドル相当の賞品が贈られるそうです。
09月26日
東京ゲームショウ開催 マイクロソフトは27タイトルを出展 (MS TGS2003)
プレス発表会 いよいよ東京ゲームショウ2003が開幕して、マイクロソフトも27タイトルを出展しています。

マイクロソフトブースの印象ですが、TFLOや鉄騎大戦の試遊はあったものの、当日初公開のタイトルは弱かったですねぇ(ワールドコレクションの新作)。
プレス発表会でもJade EmpireやTFLOの新作ムービーは見られて新しいキャンペーンも発表されたものの、すごい隠し玉というのがなくて、私的にはいまいちインパクトに欠ける気がしました(日々情報を収集しすぎなのかもしれませんが)。

それはそれとして、ゲームショウ特設ページではさっそく出展タイトルのレポートが掲載されてます。ファンサイトもレポートに参加ということで、私もTFLO、ブレイクダウン、スプリンターセルのレポートに参加してます。
また特設ページではゲームショウのライブ中継もあって、初日はプレス発表会の模様を配信。27日はTFLOのステージイベントが配信されるようです。
Xbox本体とProject Gotham Racing 2のバンドルパックを発売 (Official)
発売日が正式に11月20日とアナウンスされたProject Gotham Racing 2(PGR2)ですが、11月20日からXbox本体とPGR2のバンドルパックが発売されます。
ただバンドルパックは価格などの詳細は、いまのところ明らかにされてません。
またPGR2の予約キャンペーンも行われ、店頭で予約するとオリジナルキーホルダーがプレゼントされるそうです。
TFLOは2004年春に発売 ベータテストは後日発表 (TFLO)
TFLOブース 東京ゲームショウにプレイアブルで出展されているトゥルーファンタジーライブオンラインですが、正式に発売が2004年春とアナウンスされています。

TFLOに出展されているデモは、キャラクターメイキングをした後に街の外へゲートでワープして、モンスターと戦闘をするというもの。まだまだ開発途中らしく、サーバがエラーを起こして試遊が一時中断するというハプニングもありました。

気になるベータテストなんですが、プレス発表会では新作ムービーが流されたものの、ベータテストは後日発表ということで何の情報も出ていませんでした。
延期になった分、せめてベータの情報は出してほしかったところです。
それとTFLOのページがリニューアルオープンしています。
Xbox Live2ヶ月無料キャンペーン 10月1日から開始 (Official)
Xbox Live対応ソフトにLiveを2ヶ月無料で体験できるカードがついてくる2ヶ月無料キャンペーンが、10月1日から開始されるようです。
キャンペーンで気になる点をピックアップすると、無料カードは新規ゲーマータグでのみ使用可能で(既存タグの継続には使えません)、無料サインアップの期限は2004年3月31日となっています。
また2ヶ月経過後も続けるときは、スターターキットを購入、店頭販売の更新カード、クレジットカードの3つの方法で更新できます。
無料カードは東京ゲームショウで配布されたり、ゲーム雑誌(ファミ通Xboxなど)の付録になるほか、以下のゲームにも同梱されています。

Brute Force
Inside Pitch
NFL Fever 2004
Outlaw Volleyball
Sega GT Online
Project Gotham Racing 2
Xboxユーザーに向けた3つのプロモーションを発表 (Official)
Xboxユーザキャンペーン Xbox事業部が今冬から来春にかけたXboxユーザキャンペーンを発表しています。

1つ目は11月に行われる「Xの着せ替え」キャンペーンで、これはみうらじゅんなど有名クリエータがデザインしたXboxの着せ替えドレスアップケースを抽選で2000名にプレゼントするというもの。
個人でXbox本体を塗装している人がいますが、これのオフィシャルバージョンということになります。

2つ目は来春に行われる「かすみとHAWAII」キャンペーンで、これは抽選でユーザをハワイに招待。滞在中はDOAXを彷彿とさせる常夏の雰囲気が味わえるそうです。
「かすみと」となってますけど、かすみちゃんが付き添ってくれるのかは不明です(^^
最後はこちらも来春に行われる「セレブなプレス」キャンペーンで、Xboxの正規特派員を10人募集。
特派員はXboxタイトルの先行体験やイベント参加を行ってレポートを書くほか、5月に行われるE3にも招待参加できるそうです。
E3にはぜひ行ってみたいですねー。
MotoGP 2同梱版Xbox Liveスターターキット 11月20日発売 (Official)
以前からショップ情報で出ていたMotoGP 2同梱版のXbox Liveスターターキットが、正式にアナウンスされています。
スターターキットにはMotoGP 2、頭脳対戦ライブ、12ヶ月に基本サービス利用料、ボイスコミュニケータが同梱されていて(USBキーボードアダプタは含まれてません)、価格は現行のスターターキットと同じ6800円となっています。
なお、現行のスターターキット(PSO同梱)も引き続き販売が行われるようです。
フロムソフトウェアがXbox向け新作を2タイトル発表 (From Software)
フロムソフトウェアがXbox向け新作として、CHROME HOUNDと天誅参を発表しています。
CHROME HOUNDはアーマードコアシリーズを手がける佃健一郎氏がプロデュースを担当しているロボットアクションで、Xbox Liveに対応していて最大5対5での対戦が可能。
VAILED ARMOR(ロボット)を操縦するパイロットだけでなく、オペレーターという存在もいて、オペレーターはVAを操縦するのではなく戦略を練ってパイロットに指示を出すのが役目となっています。
発表会で見た感じではアーマードコアに似ていましたが、オペレーターという存在が異色かもしれません。

天誅参は今年4月にPS2で発売された天誅参のXbox版で、Xbox Live対応で協力プレイが可能なほか、マップやキャラクター、イベントシーンなどが追加されています。
NINJA GAIDEN、DOA Onlineは来年初頭に発売 (Tecmo)
板垣氏のデモプレイ ゲームショウのマイクロソフトブースにて板垣氏がNINJA GAIDEN、DOA Onlineのデモプレイを披露。発売日についても言及していました。

デモプレイはXboxの実機と最新のROMを使ったもので、もちろん今回が初公開。
NINJA GAIDENではXbox Liveを利用して、ワールドワイドでのトーナメントが行われるとのことです。
またDOA OnlineではXboxブースのコンパニオンのコスチュームなどなど新コスチュームが披露され、これは製品版にも収録されるようです。

発売日ですが、NINJA GAIDENは北米では年内、日本では来年初頭とのこと。
DOA OnlineはNINJA GAIDEN発売の1、2ヵ月後を目指したいそうです。

なお27、28日にも板垣氏によるデモがMSブースで予定されているのと、テクモブースではNINJA GAIDEN、DOA Onlineのプレミアムポスターが配布されるようです。
O・TO・GI 〜百鬼討伐絵巻〜 DVD2枚組バージョンを期間限定発売 (Official)
12月発売予定となっているO・TO・GI 〜百鬼討伐絵巻〜ですが、期間限定で海外版O・TO・GIを同梱した2枚組バージョンが発売されるようです。
百鬼討伐絵巻では前作の主人公である頼光と新たに追加された安倍晴明、頼光四天王の計6キャラでプレイできます。
なお、ゲームショウに合わせてか、公式サイトのムービーもリニューアルされています。
ワールドコレクション 新たに5タイトルがラインナップ (Xbox.com JP)
ゲームショウのマイクロソフトブースで配布されていた小冊子によると、ワールドコレクションに5タイトルが追加されています。
新たに加わったのはテニスゲームTop Spin、バスケゲームNBA Inside Drive 2004、アクションゲームBuffy the Vampire Slayer、アクションアドベンチャーThe Simpsons、レースゲームBurnout 2です。
Top SpinとNBA Inside Drive 2004はXSN Sports対応。またBuffy the Vampire Slayerはドラマ聖少女バフィーが、The Simpsonsはアニメのシンプソンズが題材となっています。
鉄騎大戦 ベータテスター募集受付開始 (Official)
先日発表された鉄騎大戦のパイロットテスト(ベータテスト)ですが、参加者の募集が開始されています。
ベータテスターとして800人を募集していて、条件はXbox本体や鉄騎を持っていて、Xbox Liveに参加していることが基本となっています。
応募締切りは10月10日です。
Jade Empire 紹介ページオープン (Official)
Jade Empire バイオウェア開発のRPG「Jade Empire〜翡翠の帝国〜」の紹介ページがオープンしています。
ゲームショウで公開ということでしたけど、情報的には追加はないですね。
ただプレス発表会ではムービーが流れていて、いかにもアメリカ人から見た東洋(中国)っぽいゲームになっているようです(^^
Project Gotham Racing 2 スペシャルサイトオープン (Official)
Project Gotham Racing 2のスペシャルサイト(公式サイト)がオープンしています。
スペシャルサイトではエンツォフェラーリなどPGR2の登場する車や舞台となる全10都市、ゲームシステムの紹介が掲載されているほか、メールマガジンの登録受付も行われています。
メールマガジンに登録すると抽選で、5.1chサラウンドヘッドフォンやPGR2オリジナルポロシャツがプレゼントされるそうです。
また今週のPGR2というコーナーもあって、毎週新コンテンツが追加されるみたいです(第1回は10月3日更新)。
Xbox Music Mixer紹介ページオープン (Official)
Xbox公式サイトにXbox Music Mixer紹介ページがオープンしています。
Music Mixerはゲームではなくて、パソコンからXboxに音楽や画像を転送したり、ビデオジョッキーやカラオケで楽しんだりといったソフトで、国内では2003年冬発売予定。
なお紹介ページによると、「Xbox Music Mixerは、既にXboxをお持ちのお客様にまずは体験できる機会をつくりたいと考えています」とのこと。
詳細は不明ですけど、紹介ページで今後何らかのキャンペーンが発表されるようです。
ブレイクダウン 公式サイトで新ムービー公開 (Official)
東京ゲームショウにプレイアブルで出展されているブレイクダウンですが、公式サイトで新ムービー3本と壁紙が公開されています。
ムービーはゲームショウのデモでプレイできた射撃パート、格闘パート、イベントパートの3つとなっています。
Brute Forceコミックキャンペーン実施 (Official)
10月9日に発売されるBrute Forceですが、特製グッズがあたるコミックキャンペーンが実施されるようです。
これはキャンペーンページやゲームショウ配布のコミックとBrute Force初回限定版に同梱されるコミックに関するクイズに答えると、抽選でオリジナルキーチェーンやオリジナルナイトビジョンが当たるというもの。
キーチェーンが当たるQ1はすでに応募を受付けていて、ナイトビジョンが当たるQ2は発売日の10月9日から受付開始となっています。
しかしナイトビジョンなんてもらってどうするんでしょうか(笑)。
09月25日
Xbox事業部ジェネラルマネージャーに元スクウェア米現地法人副社長の丸山嘉浩氏が就任 (Official)
10月1日付でXbox事業部のジェネラルマネージャーに丸山嘉浩氏が就任するようです。
丸山氏はスクウェアのアメリカ現地法人であるスクウェアソフトの上級副社長とCOO(最高執行責任者)やT&Eソフトの取締役を務めていた人物で、ゲームソフトの開発には直接携わっていないものの、スクウェアのアメリカ進出やディズニーグループとの提携で大きな役割を果たしています。
また先日お伝えした通り、マーケティング本部長にセガオブアメリカのマーケティング担当副社長を務めていたマイク・フィッシャー氏がすでに就任しています。
大浦氏の後任として昨年10月からパー・シン氏がジェネラル・マネージャーを務めていましたが、パー・シン氏は日本とヨーロッパ担当のアドバンストプランニングディレクターに就任するとのこと。
丸山氏の就任で1年ぶりの日本人マネージャーということになります。

丸山氏は元スクウェアの重役ですが、スクエニとの関係はというと、これまでMSはスクエニと話し合いを行ってきたものの、Xbox向けタイトルの積極投入には至っておらず、今後も話し合いを続けていくということらしく、すぐに動きがあるわけではなさそうです。
Brute Force 公式ページオープン (Official)
10月9日発売のアクションゲームBrute Forceの公式ページがオープンしています。
公式ページではゲームシステムやストーリー、4人のプレイヤーキャラクターの紹介を掲載。またXbox.tvで字幕付きのプロモーションビデオも公開されています。
天空 2 紹介ページオープン (Official)
天空の続編となるスノボゲーム天空 2の紹介ページがオープンしています。
天空 2ではよりリアルにグラフィックがパワーアップ。トリックが追加されているほか、スノースケートでプレイすることもできます。
またXbox Live、XSN Sportsにも対応していてオンライン対戦やトーナメントを楽しむこともできます。
天空 2はプレイアブルで東京ゲームショウに出展されます。
TFLO 来春に発売延期? (gameonline)
週刊ファミ通によると、トゥルーファンタジーライブオンラインの発売が2004年春に延期されるようです。
ゲームショウ後にベータテストを行うとすると、まともにその結果を反映しようとすれば年内発売はほとんど無理ですから、予想されていたことではあります。
ただMSは年内発売と主張し続けてきてそれを信じて期待しているファンもいるので、ベータテスト応募者は全員参加できるとか、何らかの対応はしてほしいですね。
いずれにしても明日のゲームショウで、ベータテストの詳細も含めて正式な発表があるはずです。
TFLOゲームショウ出展情報 レアグッズをプレゼント (LEVEL-5 BBS)
レベル5公式掲示板にトゥルーファンタジーライブオンラインの東京ゲームショウバージョンに関する情報が掲載されています。
ゲームショウではプレイアブルとなるTFLOですが、ゲートトラベルといった新魔法やトロ馬車(ゲームショウで流れる映像を見ればわかるそうです)などの新要素が盛り込まれているとのこと。
またTFLOのレアグッズの配布も行われるそうです。
任天堂が中国本土でゲーム機を発売 (ブルームバーグ)
任天堂が中国本土で家庭用ゲーム機「神遊機」を10月中旬から発売するそうです。
神遊機は中国専用のゲーム機で、中国の物価に考慮して本体の価格は498元(約6700円)とかなりの低価格。
海賊版対策のためROMやカートリッジでの販売はされず、特定のゲームショップでセキュリティを強化したメモリカードに書き込むシステムで、NINTENDO64など旧世代のゲーム機向けソフトが販売されるそうです。

ディスクシステムのような方式ですけど、おそらくディスクシステムでのノウハウもあってそういった方式にしたんでしょう。
北米やヨーロッパ市場はまだまだ成長しているとはいえ、いずれは飽和しますし、任天堂は苦戦してますから、新たな市場開拓への施策の1つと言えるでしょう。
ゲームキューブ アメリカで正式に99.99ドルへ値下げ (Official)
昨日アメリカでのGC値下げのニュースを紹介しましたが、任天堂から正式に9月25日から99.99ドルに値下げすると発表されました。
XboxとPS2の価格は179.99ドルですから80ドル(約9000円)近い差をつけることになります。
また1月から在庫削減のためにGCの生産が停止されていましたが、こちらも今秋中に再開されるようです。
XboxはGCと激しく2位争いを演じていますから、GCの値下げを受けてなにか動きがあるかもしれません。
ブレイクダウン 1月29日に発売 (gameonline)
週刊ファミ通の情報によると、ナムコのブレイクダウンが1月29日に発売されるようです。
ブレイクダウンはゲームショウにプレイアブルで出展予定となっています。
いまのところほとんど情報が出ていませんが、ゲームショウ後に出てくるんでしょうか。
鈴木裕氏社長の会社名がデジタルレックスに (Official)
セガの子会社再編の一環として、鈴木裕氏を社長に新会社が設立されると発表されていましたが、会社名が正式にデジタルレックスに決定しました。
デジタルレックスはヒット作を専門に開発する会社で、7月30日に仮称としてシネマティックオンラインゲームスと発表されていました。
またワウエンターテイメントとオーバーワークスが合併した新会社も、セガワウと発表されています。
オーストラリアでXbox Liveのサービスを10月8日に開始 (Official)
通信環境が整わないということで導入が遅れていたオーストラリアのXbox Liveサービスですが、10月8日から正式サービスがスタートするようです。
オーストラリアではサービスローンチ時にMechAssaultやTom Clancy's Ghost Recon、Soldier of Fortune II、NFL Fever 2003などLive対応タイトルが20タイトル用意され、クリスマスまでに50タイトルがリリースされるとのこと。
スターターキットは99.95豪ドルで、ボイスコミュニケータ、12ヶ月の参加権、Moto GP 2とMechAssaultの体験版が同梱されます。
Project Gotham Racing 2 ヨーロッパで11月28日に発売 (Gamespot)
Project Gotham Racing 2のヨーロッパでの発売日が正式にアナウンスされ、11月28日に発売されるそうです。
日本での発売日は正式発表されてませんが、ショップ情報では11月20日のようです。なお北米での発売日は11月17日です。
Project Gotham Racing 2はゲームショウにプレイアブルで出展されます。
殺人事件の被害家族がTake-Twoに1億ドルの損害賠償 (gi)
Grand Theft Auto IIIに影響を受けた少年が銃乱射事件を起こしたニュースは以前紹介しましたが、その被害者家族がGTA3の発売元であるTake-Twoに対し、1億ドルの損害賠償を請求しているそうです。
この事件は14歳と16歳の少年がハイウェイに向かって銃を乱射し、たまたま車で通りかかった男性に命中して死亡させたというもので、少年2人はGTA3の真似をしたかったと供述しています。

1億ドルという金額が妥当かどうかはともかく、少年に影響を与えて事件を起こすきっかけになったのは事実でしょう。
ゲーム業界はこれまで表現の自由を主張して法的な販売規制を免れてますが、しっかり対応しないと法的な規制もやむなしという論調が強まるでしょうね。
Ghost Recon Island Thunder Xbox Liveで新マップの提供開始 (Official)
Xbox Liveのダウンロードコンテンツとして、Ghost Recon Island Thunderの新マップの提供が開始されています。
新マップOil Refineryはその名の通り石油精錬所を舞台にしたものです。
パンクバンドThriceとXbox Liveでプレイ (Official)
パンクバンドThriceとXbox Liveで一緒にプレイできるオンラインイベントが、9月25日に北米で行われるようです。
バンドメンバー4人とReturn to Castle WolfensteinやInside Pitch 2003、ESPN NHL Hockeyでプレイするとサイン入りアルバムがプレゼントされるとのこと。
そういえば日本でも一時期はオンラインイベントがありましたけど、このところLive Championshipくらいで、こういったイベントはなくなっちゃいましたね。
ゲームハード週間ランキング 9月第三週 (ブルームバーグ)
メディアクリエイト調べの、9月第三週の国内でのゲームハード売上ランキングです。
年末商戦を控えて各ハードとも販売台数を落としてるんですが、Xboxはやばすぎです。PSと争うどころかスワンクリスタルが380台で、これにすら負けてます。
決してハードが劣っているとか、ソフトの出来がどれも悪いということはないんですけど、ハードが売れないから知名度も低い、サードパーティもだんだん手を引いていくという悪循環に陥っているんでしょうね。
よほどの打開策がない限りはこの現状は変わらないでしょう。

ハード名販売台数年間累計
プレイステーション228,1002,040,700
ゲームキューブ12,200529,000
プレイステーション68056,100
Xbox31073,900
09月24日
成長を続けているゲーム機はXboxだけ (Official)
調査会社NPDのデータによると、2002年8月から2003年8月までの1年間でシェアが増え続けている現行ゲーム機はXboxだけだそうです。
2003年8月時点でのシェアはXboxが27%、PS2が36%、GCが22%で1年前と比べてシェアが伸びているのはXboxだけとのこと。
ソフトも好調で、2003年8月の売上は前年比58%増でトップ10に4タイトルがランクイン。
またアタッチレート(Xbox本体1台あたりのソフト所有本数)も伸びていて、6月末時点で5.4本だったのが5.8本となっています。

ところでMSはホリデーシーズンに向けたソフトのラインナップも紹介してるんですが、その中にNINJA GAIDENの名前があります。
発売が来年に延期されるという噂もありましたけど、やはり年内に発売されるようですね。
韓国で10月30日にXbox Live正式サービス開始 (Official)
Xbox Live 現在韓国ではXbox Liveのベータテストが行われていますが、10月30日から正式サービスがスタートするようです。
韓国でのサービスは、日本に次いでアジア地域で2番目のサービス提供ということになります。
Live対応タイトルとしてはProject Gotham Racing 2やSplinter Cell、MechAssaultなどのほか、Counter-StrikeやIsland Thunder、Unreal Championshipといった日本で発売されていないタイトルのリリースも予定されてます。

スターターキットは6万ウォン(約5800円)で、ボイスコミュニケータ、12ヶ月の参加権、MotoGP 2とMechAssaultの体験版が同梱されるようです。
ゲームキューブ 北米で今週にも値下げ? (Reuter)
先日任天堂ゲームキューブのヨーロッパでの値下げの噂を紹介しましたが、北米でも今週中にも149ドル(約1万6500円)から99ドル(約1万1000円)への値下げが発表されるようです。
Amazon.comがすでに99ドルでの販売を開始しているほか、99ドルの値がつけられたウォルマートのチラシ画像がネットに出回ったりしています。
任天堂は9月24日朝(北米時間)に説明会を行うそうで、そこで正式発表があると見られています。
R:Racing Evolution ゲームショウ特設サイトオープン (Official)
東京ゲームショウ特設サイト ナムコのレースゲームR:Racing Evolutionの東京ゲームショウ特設サイトがオープンしています。
ゲームショウではモナコ、横浜みなとみらい、鈴鹿サーキット、ウォーターブリッジの4コースが用意されていて、GTクラス1、ラリークラス1の車で試遊できます。
また試遊台はドルビーサラウンドシステムが用意されていて音にもこだわっているようです。

特設サイトではこのほか、新システムのプレッシャーバトルやプロデューサーとディレクターからのメッセージが掲載されているほか、モナコ(PS2版)とウォーターブリッジ(GC版)の動画やキャラクターの壁紙をダウンロードできます(Xboxとお伝えしていたのは、GC版のようでした。すいません)。

モナコはF1コースそのままでモナコの街並みがリアルに再現されてますね。それと見た感じPS2版とGC版でグラフィックのクオリティが違っているように見えます。
XboxFANさん、情報提供サンクスです。
日ハム・ダイエー戦でピーター・ムーア氏が始球式 (GAME Watch)
今日東京ドームで行われた日ハム・ダイエー戦で、ヨーロッパと日本のマーケティングを担当するマイクロソフト副社長ピーター・ムーア氏が始球式を行ったそうです。
この日はXbox NightということでMidtown Madness 3のCMが球場内で流れたり、Xbox本体が当たる抽選会なんかもあったようです。
この時期に来日しているということは(試合開始の2時間前に到着したそうですが)、当然ムーア氏はゲームショウにも出席するんでしょう。

パ・リーグはまだ優勝が決まってませんし、それなりに注目は浴びたのかもしれませんね。私の予想ではXbox Nightが開催される頃にはとっくに消化試合になっているかと思ったんですが(汗
4タイトルの開発をかけもち ピーター・モリニュー氏インタビュー (Gamespot)
主にシミュレーションゲームThe Moviesについて、ピーター・モリニュー氏へのインタビューが掲載されています。
モリニュー氏といえば世界そのものをシミュレートするようなゲームを手がけてきていますが、The Moviesは無声映画時代からCGを駆使する現在までの映画産業を題材としたシミュレーションで、プレイヤーは監督として映画を撮影したり、スタジオ経営を行います。
映画撮影では実際に自分が作曲した音楽や録音したセリフを組み合わせてミニムービーを製作できて、インターネット上で公開もできるとのこと。
なおモリニュー氏は現在Fable、BC、The Movies、Black & White IIの4タイトルの開発に携わっていて、いちばん時間を割いているのはFableだそうです。
PC版HALO日本語版をゲームショウで公開 (forGamer)
東京ゲームショウ最終日の9月28日10時30分から主催者ステージで、PC版HALO日本語版が一般公開されるそうです。
主催者ステージではWorld Cyber Games 2003 日本予選大会決勝が行われ、これにあわせての公開で、一般公開は初めてとなります。
MSのPCゲームのページには情報がないですけど、ちゃんと日本語版も発売されるんですね。
Serious Sam 2の開発状況 (Official)
XboxとPCで2004年第2四半期に発売されるFPS「Serious Sam 2」の開発状況が、開発元のCroteamの公式サイトに掲載されています。
Serious Sam 2では新しいSerious Engine 2が採用されていて、表示ポリゴン数は前作の100倍以上に向上。さらにシェーダーやダイナミックシャドウといった最新のグラフィック表現に対応しているほか、AIやフィジックスも改良されているそうです。
近日中にSerious Engine 2を利用したデモかベンチマークも公開されるようです。
イギリス9月第三週のゲームランキング (Gamespot)
ELSPA発表の9月第三週のゲーム売上ランキングです。
今週は1位のDesert Storm IIや2位のColin McRae Rally 04、4位のRugby 2004、6位のJedi Academyなど新作がいくつもランクインしています。

1 / Conflict: Desert Storm II / SCi / PS2, XB, PC
2 / Colin McRae Rally 04 / Codemasters / PS2, XB
3 / SW: Knights of the Old Republic / LucasArts / XB
4 / Rugby 2004 / EA / PS2, PC
5 / EyeToy: Play / SCEE / PS2
6 / Jedi Knight: Jedi Academy / Activision / PC
7 / FIFA 2003 / EA / PS2, XB, PS
8 / Medal of Honor: Frontline / EA / PS2, XB
9 / Lord of the Rings: Two Towers / EA / PS2, GBA, XB
10 / The Sims / Eidos / PS2, XB, GC

09月23日
ゲームキューブがヨーロッパで大幅値下げ? (gi)
フランスのニュースサイトNintendo-Difference.comに掲載された情報によると、年末商戦に向けてゲームキューブ本体の価格が10月1日に、199ユーロ(約2万5000円)から99ユーロ(約1万2600円)に値下げされるそうです。
さらにピクミン、ルイージズマンション、スターフォックスアドベンチャーといった人気ソフトも29.99ユーロから19.99ユーロに値下げされるとのこと。
業界では値下げがあるにしてもXboxと同じ価格帯の140ユーロだろうと見られていましたから、予想を上回る下げ幅で、この情報が本当ならばかなり思い切った攻勢をかけてくることになります。
NINJA GAIDENに忍者龍剣伝1〜3を収録 (C&VG)
TeamNinjaの作品について、テクモの板垣氏へのインタビューです。
まず先日のX03ヨーロッパでオリジナルの忍者龍剣伝がNINJA GAIDENに収録されると明らかになりましたが、忍者龍剣伝1〜3がすべて隠し要素として収録されているそうです。
またTeamNinjaでは現在NINJA GAIDENとDOA Onlineの開発を進めていますが、すでにCode Cronusもアイデアはあたためているとのこと。
ただNINJA GAIDENもコードネームが発表されたのは4年前で、Code Cronusの具体的なリリーススケジュールは決まっていないようです。

インタビューの内容をXNEWS Specialに掲載しました。
DOOM IIIはDOOMのリニューアル (C&VG)
DOOM III XboxとPCで発売が予定されているDOOM IIIについて、開発元id software CEOのTodd Hollenshead氏へのインタビューです。
まずDOOM IIIのストーリーですが、一作目のDOOMをグラフィックを大幅に向上させてリメイクしたものになるとのこと。火星の研究施設に派遣された海兵隊が主人公で、研究施設から地球へ向かおうとする怪物たちを食い止めるのが目的だそうです。

また家庭用ゲーム機への移植ですが、XboxはDOOM IIIが要求するスペックの範囲内で開発にとりかかりはじめたところのようです。

ただPS2とGCはジオメトリアクセラレーションやリアルタイムシャドウなどの計算能力が不足していて、移植の計画はまったくないとのこと。
DOOM IIIのムービーは昨年のE3で初めて公開されましたが、年内発売の予定はなく、発売日はまだまだ決まっていません。
新しいスクリーンショットも公開されてますけど、敵は遊星からの物体Xみたいでほんとに気持ち悪いですね。怖くて最後までプレイできないような(^^
Kameo 紹介ページオープン (Official)
Xbox公式サイトにKameoの紹介ページがオープンしています。
Kameoはレア開発のファンタジーアクションゲームで、植物や石、火などの特徴を備えたモンスターに変身できるKameoが主人公。
紹介ページではゲームシステムやストーリー、スクリーンショットが掲載されています。
また北米のXbox.tvでムービーが公開されています。
グーリーズ 紹介ページオープン (Official)
Xbox公式サイトにグーリーズの紹介ページがオープンしています。
グーリーズもKameoと並ぶレア開発のアクションゲームで、ガールフレンドを助けるためにゾンビやミイラ、幽霊たちでいっぱいの屋敷に乗り込むというストーリー。
キャラクターはデフォルメされていて低年齢層のゲーマーでも楽しめるようになっています。
北米のXbox.tvでムービーが公開されています。
09月22日
日本進出は十年単位の計画 ピーター・ムーア氏インタビュー (C&VG)
X03ヨーロッパ開催に合わせて、C&VGがマイクロソフト副社長のピーター・ムーア氏にインタビューを行っています。
インタビューのメインはヨーロッパ市場についてなんですが、ムーア氏が日本市場も担当しているということで、日本の現状についても質問。
ムーア氏は「日本はXboxの将来にとってとても大切です」とした上で、今後のポイントとしてXbox事業部の重役陣の強化、日本のゲームメーカーとの関係強化、オンラインゲームの重視を挙げています。
また「日本進出は十年単位の戦略で、我々には継続する不屈の精神、力、意志、リソースがある」とコメントし、撤退はないことをアピールしています。

ちなみにムーア氏といえばけっこう手厳しい発言も多いんですが、今回のインタビューでも「任天堂はビデオゲーム市場にとってとても重要で、毎年500万人の5歳児をゲーム市場に呼びこんでくれます。そして子供たちが12歳になれば、ソニーや我々が(任天堂から)子供たちをいただきます。ご苦労なことです」と語っています。
日本のXbox事業部に新重役就任 (C&VG)
C6VGとのインタビューでピーター・ムーア氏が語ったところによると、日本のXbox事業部に新しい重役が就任したようです。
一人はマーケティング担当のMike Fisher氏。Fisher氏はSega of America社長だったムーア氏の下でマーケティング担当副社長を務めていた人物で、すでにXbox事業部で活躍しているそうです。
もう一人は新しいジェネラル・マネージャーで、(インタビューが行われた時点で)来週発表するとのこと。おそらくゲームショウのプレス発表会で明らかになるのでしょう。
Xbox事業部のジェネラル・マネージャーといえば、大浦氏に代わって昨年10月からパー・シン氏が就任していますが、また人事異動があるということでしょうか。
鉄騎大戦 ベーターテスターを募集 (Official)
パイロットテスト募集 鉄騎大戦公式サイトで、パイロットテスト(ベータテスト)の参加者募集のアナウンスが行われています。
パイロットテストは9月26日から専用サイトで募集を開始。募集人数は日本国内が800名で、北米とヨーロッパでも同時にテストが開始されるそうです。

応募資格はXbox本体(日本版)、鉄騎、メールアドレスを持っていてXbox Liveサービスに加入していること、他の何を犠牲にしてでも、鉄騎大戦にいち早く触れてみたい方などとなっています。
Xboxゲーム一覧 タイトル情報更新 (Official)
Xbox公式サイトのゲーム一覧情報が更新されているようです。
キッチンぱにっくがリストにちゃんと掲載されてるのと、O・TO・GI〜百鬼討伐絵巻〜が12月発売予定となってます。それとDead or Aliveオンラインの発売日が2004年に延期になってますね。
ちなみにTFLOの発売は2003年のままです。
それとスプリンターセルですが、カプコンはあくまで販売担当で発売はユービーアイソフトとなるようです。
しかしユービーアイからは何の発表もありませんねぇ・・・
09月20日
イギリスでまもなくXboxの販売台数が100万台を突破 (MCV)
年末商戦に向けたバンドルパックの発売やタイトルラインナップの充実で、数週間以内にイギリスでXbox販売台数が100万台を突破するそうです。
イギリスXbox事業部のChris Lewis氏は、「新作のリリース数はPS2よりも多く、クリスマス商戦には大いに自信があります」とコメント。
"It’s good to play together"をスローガンにTVCMや雑誌、オンライン広告なども大々的に展開されるそうです。
年末商戦に向けてイギリスでもバンドルパック発売 (C&VG)
アメリカでバンドルパックの発売が発表されましたが、イギリスでも年末商戦に向けてバンドルパックが発売されるようです。
イギリスのバンドルパックにはXbox本体とHalo、Midtown Madness 3、Xbox Liveの2ヶ月無料クーポンが同梱されて、価格は149ポンド(約2万8000円)。
バンドルパック戦略が世界的なものなら、日本でも値下げじゃなくてバンドルパック発売になるのかもしれませんね。
マイクロソフトゲームスタジオが革新的なゲームを開発 エド・フリーズ氏インタビュー (C&VG)
マイクロソフトゲームスタジオ(MGS)の今後について、MS副社長のエド・フリーズ氏へのインタビューです。
フリーズ氏はX03ヨーロッパで、MGSが開発中のタイトルは35〜40だとコメントしていますが、これは数ヶ月前に発表された数より少なくなっています。
数が減ったことについてフリーズ氏は、「我々はタイトル数を減らそうとしています。少数精鋭を目指しています」とコメント。実際にここ数ヶ月で、いくつかのタイトルが開発中止になっているそうです。

またMGSはサードパーティを頼らなくてもいいように、Xboxで可能なすべてのジャンルでのタイトル開発を目指すとのこと。多少のリスクを負っても、優秀なゲーム機を最高のゲーム機に変えるような革新的なゲームを開発していくそうです。
フリーズ氏やMGSはファーストパーティの役割を心得てしっかりその役割を果たしているようです。
NINJA GAIDENの発売が来年に延期? (ign)
年内発売予定のNINJA GAIDENですが、発売が来年頭にずれ込む可能性も出てきたようです。
X03ヨーロッパでテクモの板垣氏が、「来年頭あたりになるかもしれない」とコメントしたとのこと。ただしIGNがテクモの広報にあらためて訊ねたところ、発売はやはり12月予定という回答だったそうです。
なおDOA Onlineの発売は来年3月か4月になるようです。
HALO 2はまだまだ開発中 BungieスタジオPete Parsons氏インタビュー (C&VG)
HALO 2について、BungieスタジオマネージャーのPete Parsons氏へのインタビューです。
まずHALO 2はすでに完成していて、戦略的に発売を遅らせているという噂ですが、Parsons氏はきっぱり否定して、基本的な部分は完了しているものの、まだHALO 2は開発中であるとコメントしています。
では実際の発売はいつになるかというと、正確なことは言えないものの、来年4月の発売を目指しているそうです。

また次回作については、いまのところHALO 2に100%全力投球しているので、まったく考えていないとのこと。
それとE3公開ムービーにあった2丁拳銃はちゃんと実現するそうで、ゲームの重要なポイントの1つだそうです。
インタビューは全体的に不明瞭な回答が多くて、どうもまだまだ開発途上のようです。
ヨーロッパ版ソウルキャリバーII 公式サイトオープン (Official)
ソウルキャリバーII ヨーロッパで9月26日に発売されるソウルキャリバーIIの公式サイトがオープンしています。
ゲームシステムやキャラクター、アリーナ、プラットフォーム別のスクリーンショットなどが紹介されているほか、ヨーロッパ版公式ページオリジナルとして壁紙やWinamp、メディアプレーヤーのスキンも掲載されています。

ヨーロッパではナムコではなくてEAが販売元で、XboxとPS2での発売(GCはなし)になるようです。
Xbox Live初の世界チャンピオンはアメリカ代表 (Official)
X03ヨーロッパでXbox Live初のインターナショナルトーナメントの決勝が行われ、アメリカ代表のZamees氏が優勝したそうです。
トーナメントにはアメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギー、オランダ、スペインの代表が参加。
各国それぞれでGhost Recon: Island Thunderを利用した予選が行われ、決勝はRainbow Six 3で争われたようです。
Xbox Liveのサービスが提供されているにも関わらず日本が不参加でしたけど、次回以降はちゃんと出場枠を与えてほしいですね。
Project Gotham Racing 2 トレイラームービー公開 (ign)
Project Gotham Racing 2 X03ヨーロッパで公開されたProject Gotham Racing 2のトレイラームービーが掲載されています。
さすがProject Gotham Racing 2。グラフィックがいっそう美麗に進化してます。ゲームショウにもプレイアブルで出展されるので、期待したいです。
Kameo トレイラームービー公開 (ign)
Kameo 日本での発売も予定されているKameoのトレイラームービーが掲載されています。
レアのタイトルはこれまでのXbox向けタイトルと印象がずいぶんちがいますね。
Kameoもディズニーアニメのようなデザインです。
ゲームの中身の方もさすがレアらしく、ツボを押えた作りになっているみたいです。
Phantomの存在自体がファントム(幻想)? (HardOCP)
ベンチャー企業のInfiniumが発表したゲーム機Phantomですが、その実在が危ぶまれているようです。
まずInfinium CEOのTim Roberts氏ですが、過去8年間でいくつもの会社を経営していて、そのうちのいくつかで多額の負債を抱えて倒産しているようです。
またInfiniumの所在地に取材に行ったところ、私書箱レンタルのショップがあるだけで、Infinium宛に届いた郵便物はそこで回収されているそうです。
これはかなりあやしいと言わざる得ないですよねぇ。
09月19日
マイクロソフトがゲームショウ出展情報ページをオープン (Official)
Xbox公式サイトに東京ゲームショウの出展情報ページがオープンしています。
情報ページでは出展タイトルやブースマップ、イベントスケジュールが公開されていて、26日のXboxプレス発表ステージと27日のTFLOスペシャルステージはライブ中継が行われるようです。

ゲームショウに参加できない人は情報ページに注目ですね。
それとMSの出展タイトルは26タイトルですけど、情報ページで公開されているのは23タイトルとなっています。残りの3タイトルは当日発表ということでしょうか。
segaGT Online ゲームショウで12人通信対戦大会を開催 (Official)
東京ゲームショウの2日目(9月28日)にマイクロソフトブースで、segaGT Online12人通信対戦大会が開催されるようです。
イベントは事前応募制で賞品としてレーシングシミュレーター特製シートの武者震やsegaGT2002時計などが用意されるとのこと。
応募資格はsegaGTユーザであることと当日会場に来場することで、応募期間は9月19日〜23日まで、応募はメールで受付となっています。
Xbox Live Championship Vol.2 MotoGP2 結果発表 (Official)
9月5日に開催されたXbox Live Championship Vol.2 MotoGP2の結果が発表されています。
当日は大会の決勝以外にエキシビジョンマッチも行われたそうで、鈴鹿8耐で優勝した鎌田選手が決勝に勝ち進んだ15人のプレイヤーと対戦したそうです(鎌田選手は6位)。
Live Championshipのページでは決勝戦の結果とトーナメント全体の結果が掲載されてます。
プラチナコレクション 一部タイトルが正式に判明 (ファミ通.com)
Xboxの廉価版シリーズとなるプラチナコレクション第一弾タイトルの一部が、正式に判明したようです。
今回明らかになったのはパンツァードラグーンオルタ、クレイジータクシー3、真・女神転生NINEで、10月23日に2800円で発売となっています。
すでに販売店の発売リストなどで明らかになっていましたから、確認のようなものですね。
Full Spectrum Wariror 公式サイトオープン (Official)
アメリカ陸軍の訓練シミュレータをベースにしたタクティカルアクションFull Spectrum Warirorの公式サイトがオープンしています。
公式サイトではゲームや登場武器、訓練シミュレータの情報が掲載されているほか、スクリーンショットやトレイラーが公開されています。
グラミー賞受賞歌手が007のテーマソングを提供 (Official)
グラミー賞を受賞したMyaが、EAのマルチプラットフォームタイトルJames Bond 007 Everything or Nothingのテーマソングを提供するそうです。
曲名はゲームタイトルと同じEverything or Nothingで、Myaはゲーム内でボンドガールも演じているとのこと。
なおゲームの発売は当初予定されていたホリデーシーズンから遅れて、2004年3月までに発売となっています。
イギリスのゲーム業界団体が議員にゲームの重要性をアピール (gi)
ゲーム業界団体ELSPAがイギリスの議員たちにゲームの文化的、経済的重要性をアピールしたそうです。
議員や政府職員のほとんどはゲームをプレイしたことがなく、それゆえに偏見を抱いている部分もあり、ELSPAはそれを解消するために直接アピールしたとのこと。
ELSPAはゲーム業界が2万人の雇用を生み出し、20億ポンドの経済効果があることを訴えたそうです。
PalmOS搭載の携帯ゲーム機 予約受付開始 (Mainichi INTERACTIVE)
Zodiac TapwaveがPalmOSを搭載した携帯ゲーム機Zodiacの予約受付を開始したそうです。
PalmOSが搭載されているだけあって、Zodiacはゲーム以外にPDAの機能もあって、MP3や動画の再生も可能。
ラインナップはTony Hawk's Pro Skater 4やDOOM 2などでメガドライブのゲームも復刻予定とのこと。
価格はメモリ32MB版が299.99ドルで128MB版が399.99ドルとなっています。
09月18日
次世代Xbox向けタイトル 開発に着手済み (ファミ通.com)
X03ヨーロッパの中でエド・フリーズ氏が、次世代Xbox向けタイトルの開発にすでに取りかかっていると明らかにしています。
エド・フリーズ氏はマイクロソフトゲームスタジオ(MGS)の責任者で、現在MGSでは35タイトルを開発中で、中にはMMORPGや次世代Xbox向けタイトルも含まれているとのこと。
また先日提携が発表されたEpic Gamesですが、Xbox向けと次世代Xbox向けに少なくとも1タイトルずつは開発を行うそうです。

次世代Xboxの発売は2005年と噂されていますから、ローンチタイトルならすでに開発がスタートしていても不思議ではありません。
開発がどの段階なのかはわかりませんけど、ある程度次世代Xboxのスペックも固まっているということでしょうか。
東京ゲームショウ2003 出展予定タイトル第二弾発表 (Official)
CESAが9月17日時点で東京ゲームショウの出展社や出展タイトルリストを発表しています。
リストによるとPS2用が142タイトル、PC用が64タイトル、GC用が32タイトル、Xbox用が14タイトルとなっています。
ただCESA発表の出展タイトルリストではMSのタイトルなんかで抜けがあって、XNEWSのカウントでは27タイトルとなっています。
PS2にはまったく及びませんし、X03ヨーロッパの出展数100タイトルにも届きませんけど、当日発表されるタイトルも含めればGCと同じくらいの出展タイトル数にはなるようです。
NINJA GAIDEN ミニゲームとしてファミコン版を収録 (ファミ通.com)
NINJA GAIDENにミニゲームとしてファミコン版忍者龍剣伝が収録されているそうです。
これはX03ヨーロッパでテクモの板垣氏が明らかにしたもの。
X03ヨーロッパではNES版(アメリカ版ファミコン)のNINJA GAIDEN(忍者龍剣伝)が披露されたそうですが、国内版でもおそらく忍者龍剣伝が収録されるでしょう。
それとDOA OnlieにDOA3が収録されるという噂がありましたけど、やはりアナウンス通り収録されるのはDOA1とDOA2になるようです。
X03ヨーロッパのGame of Show発表 (Gamespot)
二日間にわたってフランスで開催されたX03ヨーロッパですが無事に閉幕したようで、Game of Show(最優秀出展)タイトルが発表されたそうです。
Game of Showに選ばれたのはUbi SoftのTom Clancy's Rainbow Six 3で、このほかFableがX03 Innovation Awardに、NINJA GAIDENがTechnical Achievement Awardに選ばれています。

今年のX03は100タイトル以上が出展されて、大きなニュースの発表の場というよりソフトがメインの発表会だったようです。
E3も同じ傾向でしたけど、ビッグニュースで惹きつけるのではなく、充実してきた中身で勝負する段階に入ったということでしょう。
米8月のゲーム市場 ソフト販売は4%の成長 (Polygon)
アメリカの8月のゲーム市場概況が発表されていて、ゲームソフト販売は4%の伸びとなったそうです。
ハードウェアの出荷台数はXboxが14万4000台、PS2が30万台、GCが10万台となっています。
フロムウェア新作4タイトルのテーマが判明 (TOKYO GAME SHOW 2003)
CESAが東京ゲームショウ2003の出展ブース内容一覧第二弾を公開していますが、その中でフロムソフトウェアの新作4タイトルのテーマが明らかになっています。
フロムソフトウェアはテーマ別にステージイベントを行うんですが、メカをフィーチャーした新作が1本、恐怖をフィーチャーした新作が1本、和をフィーチャーした新作が2本となっているようです。
ビジネスデイにはプレスカンファレンスが行われるので、詳細はそちらで明らかになるでしょう。
Splinter Cell Pandora Tomorrow 高解像度ムービー公開 (Official)
Pandora Tomorrow Splinter Cell Pandora Tomorrow公式サイトで高解像度版のトレイラーが公開されてます。
高解像度版はダウンロードして鑑賞できますから、新武器などをじっくり見てください。
パーフェクトダークの発売日は未定 (C&VG)
X03ヨーロッパで発表がなかったレアのパーフェクトダークですが、いまのところ発売日は未定のようです。
レアのプロダクションアシスタントAndy Wilson氏は、「パーフェクトダークの発売日はまだ決まっていません。ネット上で飛び交っている発売日は噂に過ぎず、いまは完成を目指して開発中です」とコメント。

ネット上では発売が2006年という噂が出ていて、インタビューを行ったC&VGは2006年まで待つ必要があるのかだけでも教えてほしいとさらに質問していますが、Wilson氏は「目標としている時期はあるけれども、それを発表できる段階ではありません。我々はほかのゲームも開発中で、まずそちらに専念したいです」と語っています。
要するにまだまだ詳細が発表できる段階ではないということですから、発売はまだ先でしょう。
My Liveのスコアボード機能実装 (Official)
いつのまにかランキングを確認できるXbox Liveのスコアボード機能が実装されてます。
国内で発売されているMotoGP 2のほか、UnrealやRtCWなど海外タイトルのランキングも閲覧可能で、上位100人のランキングとゲーマータグによる検索が用意されています。

こうやって機能を追加してくれるのはいいですけど、メールで流すとかちゃんとアナウンスしてほしいですねー。
せっかく機能があっても知らなければ使えませんし。
フリドさん、情報提供サンクスです。
Rallisport Challenge 2 トレイラームービー公開 (Gamegossip)
X03ヨーロッパで発表されたRallisport Challenge 2ですが、さっそくトレイラーが公開されてます。
グラフィックもさることながら、ずいぶんスタイリッシュなムービーです。
北米ではレースゲームが人気のあるジャンルの1つですけど、それを反映してXboxでは優秀なレースゲームが次々に出てきます。
Project Gotham Racing 2 スクリーンショット公開 (Gamers.com)
Project Gotham Racing 2 X03ヨーロッパで公開された新しいスクリーンショットが掲載されてます。
スクリーンショットはモスクワ、エジンバラ、F1の舞台でもあるドイツのニュルンブルクサーキットが舞台になってます。
またそれ以外にもフィレンツェとシカゴの市街コースが収録されていると明らかになったようです。
収録都市が五月雨式に発表されてて把握しきれてないんですけど、前作よりはずいぶん増えているようですね。
Sudeki スクリーンショット公開 (ign)
Sudeki アクションRPG「Sudeki」のスクリーンショットが公開されてます。
Sudekiは日本でも商標出願されてますけど、国内発売はないんでしょうかね。
発表があるとしたらやはりゲームショウでしょうか。
サイレントヒルシリーズが映画化 (Official)
コナミのホラーアドベンチャー・サイレントヒルを、フランスの映画製作会社DavisFilmsが映画化することが決定したようです。
映画版の監督はジェボーダンの獣などを手がけたクリストフ・ガンズ氏で、コナミは脚本監修やモンスターデザイン、サウンド制作面などで参加するとのこと。
具体的なキャストや公開時期は今後発表されるようです。

このところゲームの映画化が頻繁にありますよね。ホラー系だけでもバイオハザード、ハウス・オブ・ザ・デッド、アローン・イン・ザ・ダークなんかが映画化されています。
それだけゲームが一般的なものになったということでしょうか。
Dinosaur Hunting ファンサイトスペシャルレビュー掲載 (Official)
本日発売となったDinosaur Huntingですが、Xbox公式サイトにファンサイトのスペシャルレビューが掲載されてます。
掲載されているのはXNEWSを含む10サイトで、どのサイトでもかなり評判がいいようです。
本体の普及台数がもっとあればスマッシュヒットになったんでしょうけど・・・そこが残念というかもったいないですねー
ゲームハード週間ランキング 9月第一週 (ブルームバーグ)
メディアクリエイト調べの、9月第二週の国内でのゲームハード売上ランキングです。
良くも悪くも先週からあまり動きがありません。

ハード名販売台数年間累計
プレイステーション229,9002,012,500
ゲームキューブ13,600516,700
プレイステーション65055,400
Xbox57373,600
09月17日
南フランスの高級ビーチでX03ヨーロッパ開催 (ファミ通.com)
Xboxのプレス向け発表会X03が、南フランスのニース近郊で開催されたそうです。
X03ヨーロッパでは、Unrealシリーズなどを手がけているEpic Gamesとの提携や、Xbox Liveサービスのさらなる展開を発表。
また初公開となるラリースポーツチャレンジ2やNINJA GAIDEN、ブレイクダウン、Halo2、KAMEOなどの最新映像が公開されたそうです。

ゲームショウ直前ということで、ゲームショウを先取りした情報が出るかと思ってたんですけど、日本のユーザ的には新しいビッグニュースはあまり発表されてないようですね。
やはり国内向けニュースは東京ゲームショウ待ちということになるようです。
UnrealシリーズのEpic Gamesがマイクロソフトと提携 (ign)
Unreal IIやUnreal Tournamentなどを手がけてきた開発メーカーEpic Gamesがマイクロソフトと提携。Xbox独占タイトルを開発するそうです。
具体的なタイトル名は明らかにされていませんが、複数にタイトルをXbox向けに開発するとのこと。
Epic Gamesは定評のある開発メーカーですから、ミリオンヒットを期待できるようなタイトルを発売してくれるでしょう。
Splinter Cell Pandora Tomorrow公式ページオープン (Official)
Pandora Tomorrow 来年3月に発売されるスプリンターセルの続編Pandora Tomorrowの公式ページがオープンしています。
Flashを利用した通常版とプラグインを利用した3D版の2つが用意されていて、どちらもスプリンターセルらしい凝ったページに仕上がっています。

公式ページではスクリーンショットとムービーが公開されていて、ムービーでは新武器やガジェットを垣間見ることができます。

日本では一作目の発売が決定しましたけど、そのまま2作目も発売してほしいですね。
Music Mixerのカラオケ配信でEatsleepmusicと提携 (Official)
マイクロソフトがMusic Mixerのカラオケ楽曲オンライン配信で、Eatsleepmusicと提携を行ったようです。
Eatsleepmusicは2万曲以上のラインナップを持つカラオケメーカーで、Music Mixer発売時に5曲1パックで10パックのダウンロード楽曲が用意され、クリスマスシーズンまでに30パックまで拡充されるそうです。

Music Mixerはカラオケ配信のほか、PCからの音楽ファイルのコピーやビデオジョッキー、ボーカルキャンセル機能などを持つソフトで、マイク付で10月14日に39.99ドルで発売されます。
たしか日本でも発売されるはずですけど、その場合はセガカラとかX2000とかと提携するんでしょうかね。
RalliSport Challenge 2 XSN対応で発売決定 (Official)
RalliSport Challenge 2 レースゲームRalliSport Challenge 2が、XSN Sports対応で2004年春に発売されるようです。
RalliSport Challenge 2はラリーレースを題材にしたRalliSport Challengeの続編で、グラフィックが向上されているほか、新モードやコース、車種、カメラアングルを追加。
XSN Sports対応ということはプレイヤーがプライベートトーナメントを開催できるほか、もちろんXbox Liveにも対応していてオンライン対戦を楽しむことができます。
いまのところ国内発売は発表されてませんが、発表があるとしたらゲームショウでしょう。
Xbox Live デンマークなどヨーロッパ6カ国で新たにスタート (Gamers.com)
現在ヨーロッパでは8カ国でXbox Liveのサービス提供が行われていますが、10月30日から新たに6カ国でサービスがスタートするそうです。
サービスが開始されるのはデンマーク、オーストリア、フィンランド、アイルランド、ノルウェー、スイスの6カ国。
またXbox Liveのヨーロッパでの新しい価格体系が公開されたほか(12ヶ月が59.99ユーロ、1ヶ月が6.99ユーロ)、2ヶ月無料クーポンキャンペーンも発表されています。
EU加盟国は現在15カ国ですけど、そのほとんどでXbox Liveのサービス提供が行われることになります。
スティーブ・バルマー氏がイノベーションへの投資について講演 (Gamespot)
マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマー氏がシリコンバレーで行われた集まりの中で、マイクロソフトのビジネス戦略について語ったそうです。
マイクロソフトはお客を満足させるためにイノベーションへの投資を行っているそうで、バルマー氏によると今年は68億ドル(約7900億円)を投資したとのこと。

XboxやMSNインターネットサービス、モバイルには長期的なアプローチが必要で、何年間もの投資が強力なイノベーションを生み出し、イノベーションが市場で利益をもたらすと語っています。
7900億円の投資とは・・・莫大な利益を生むWindowsやOfficeといった製品があるから取れる戦略ですけど、マイクロソフトはXbox事業全体を投資と考えているんでしょうね。
Xboxのカラーコントローラー 北米で発売 (GamerFeed)
Xbox公式サイトの人気投票で決定して、E3に出展されていたスケルトンカラーのXboxコントローラーが北米で発売されたそうです。
色はスケルトングリーンとスケルトンブルーの2色で、価格は29.99ドル。
いまのところ日本での発売はアナウンスされていません。
Dinosaur Huntingゲームレビュー掲載
Dinosaur Hunting〜失われた大地〜 9月18日に発売されるDinosaur Huntingのゲームレビューを掲載しました。
これまでにあまり先例のないハンティングを取り入れたゲームですが、アドベンチャーとアクションがうまくミックスされていますし、恐竜という魅力的な題材をしっかり活用した良作に仕上がっていると思います。
ソニーがPS2向けHDDを北米で3月に発売 FFXIを無償配布 (ブルームバーグ)
北米でSCEがPS2向けHDDにFFXIをプリインストールして、3月に99ドルで発売するそうです。
オンラインゲームの魅力といえば、ネットを通じて生身の人間と対戦することもそうですが、コンテンツのダウンロードやアップデートもその一つです。
こういったサービスにはHDDが必要となりますけど、北米ではまずオンラインゲーム人口を増やすためか、ネットワークアダプタだけが発売されています。
そこでFFXIのプリインストールでHDDの普及を一気に計ろうということでしょうね。
またXboxですでに活用されているように、ゲームデータをキャッシュしたり、CDから音楽をコピーすることもできるようです。
Fable 新スクリーンショット公開 (C&VG)
Fable X03ヨーロッパに出展されたFableですが、新しいスクリーンショットが公開されています。
グラフィックのクオリティもさることながら、Fableの世界観をあらわすような独特なイメージですよね。
HALO2 新スクリーンショット公開 (Official)
HALO2 X03ヨーロッパの開催にあわせて、HALO 2の新しいスクリーンショットが1枚だけ公開されています。
E3ではすごいムービーが公開されたHALO 2ですけど、まだまだ情報が足りませんよね。
特にマルチプレイ関係の詳細が明らかになってないような
MSの広報代理店が内部資料を誤送信 (Mainichi INTERACTIVE)
日本マイクロソフトの広報を請け負っている広告代理店が、ゲームショウの資料送付先リストを誤ってリストに載っている企業約1420社に送信したそうです。
リストのほとんどはマスコミ系企業で、企業名のほかにメールアドレスや電話番号、約1370人分の個人名も記載されていたとのこと。
広告代理店はMSと連名で、送信したリストの破棄を求める謝罪のファックスを流したそうです。
アウトローシリーズのSimon & Schusterが身売り (Gamespot)
アウトローシリーズで有名なSimon & Schuster Interactiveが、親会社の意向で売却されることになったようです。
これは親会社のViacomがゲーム事業はコアビジネスではないと判断したためで、すでに何社かと売却の交渉に入っているとのこと。
Simon & Schusterは現在Outlaw Golf 2やThe Last Ninjaの開発を行っていますが、少人数のグループが開発を継続するそうです。
ヨーロッパでXbox向け液晶モニター発売 (GamerFeed)
ヨーロッパの周辺機器メーカーJoytechが、Xbox向け6インチTFT液晶モニターを発売するそうです。
液晶モニターは画質だけでなくサウンドにもこだわりがあって、SRS 3Dサラウンド機能を搭載。また複数人でプレイできるようにイヤホン端子が4つついているそうです。
インテルの次世代XScaleはXboxを携帯電話で実現? (The Register)
インテルがPDAや携帯電話向けの次世代XScaleチップを発表。同社によるとXboxを携帯電話で実現できるほどのスペックだそうです。
次世代XScaleはコードネームBulverdeと呼ばれていてMMXに対応。2Dはもちろんのこと3Dグラフィックの表現ができて、MPEG 4ムービーの再生もできるそうです。
MMXはペンティアムで採用されている命令セットですから、PCソフトメーカーが携帯向けコンテンツを開発しやすくなるでしょうね。
09月16日
アメリカでXboxのバンドルパッケージ発表 (ZDNet JAPAN)
アメリカで年末商戦に向け、Xbox本体にソフト2本とLiveの2ヶ月無料クーポンを同梱したバンドルパックが発表されたそうです。
バンドルされているのはLucasArtsのStar Wars: The Clone WarsとTHQのTetris Worlds Liveで、価格は据え置きの179.99ドル(約2万1000円)となっています。

北米では年末商戦に向けてゲーム機本体の値下げが行われるのではないかという予想が出ていますが、今回の発表で値下げの可能性は薄れています。
それでもソニーがPS2の値下げを行えばMSも追随すると見られるので、値下げの可能性がないわけではありません。ただソニーもバンドルパックを発売する予定ですから、バンドルだけになるでしょうね。
去年も年末商戦には値下げは行われず、ソフトを同梱したホリデーパックが販売されていました。
ただ日本では昨年5月以来値下げがなく、海外と本体価格で差が出ていますから、値下げの発表があるかもしれません。
TFLO ベータテストはゲームショウで発表 (LEVEL-5 BBS)
トゥルーファンタジーライブオンラインの開発元レベルファイブによると、ベータテストの日時は東京ゲームショウで発表されるようです。
これはレベルファイブの掲示板で明らかになったもの。
このほか、TFLOの情報がゲームショウのタイミングでゲーム専門誌に大量に掲載されるほか、定期的な情報発信も行われるとのこと。
公式ページでの情報は独自情報になるそうです。

ベータテストの発表は予想できたことですけど、本当に年内発売なら9月末からの情報公開は遅すぎるくらいですよね。
ともあれ、ゲームショウではプレイアブルでの出展もありますし、期待しましょう。
はすかぁさん、情報提供サンクスです。
Knights Of The Old Republicがイギリスの週間ゲームランキングで1位に (MCV)
Star Wars: Knights Of The Old RepublicがXboxでは初めて、イギリスの全プラットフォームの週間ゲームランキングで1位になったそうです。
HALOやスプリンターセルですら全プラットフォームでの1位にはなったことがなく、Xbox本体発売以来19ヶ月目の快挙ということになります。
ゲーム機2位の座を確保しているとはいえ、PS2陣営の壁は厚かったということでしょうか。

それにしてもKOTORは北米でもヨーロッパでもすごい人気ですね。
東京ゲームショウでは同じBioWare開発のJade Empireの情報が発表されるようですけど、KOTORの国内発売も発表してくれませんかねぇ。
Xboxのワイヤレスアダプターは140ドルで9月末に発売 (TeamXbox)
MN-740 先日マイクロソフトがXbox向けワイヤレスネットワークアダプターMN-740を発売予定とのニュースをお伝えしましたが、価格と発売日が正式に発表され、139.99ドル(約1万6000円)で9月末に発売するそうです。
MN-740は802.11gと802.11bに対応した無線LANアダプタで、最大転送速度は54Mbpsとなっています。

アメリカではマイクロソフトがネットワーク機器を販売していますが、日本では行っていません。ですから日本での発売はないかもしれませんね。
日本マイクロソフトの商標出願状況 (XNEWS)
特許庁のデータベースから、ゲーム関連で日本マイクロソフトが出願・登録している商標をリストアップしてみました。
こうやってみると、国内未発売・未発表でも商標を登録・出願しているタイトルはかなりありますよね。
海外タイトルは今後ワールドコレクションなんかで発売されるかもしれません。
またこれはMSの出願状況なのでリストにはありませんが、KNIGHTS OF THE OLD REPUBLICをルーカスフィルムが、JADE EMPIREをBioWareが出願しています。
カプコンがゲームショウ出展内容を発表 (Official)
カプコンが東京ゲームショウ2003の出展内容を発表しています。
Xboxではマイクロソフトブースとの対戦ができる鉄騎大戦や、スプリンターセルがプレイアブルで出展されます。
またブースではCAPCOM SPECIAL DVDが配布されるようです。
なお出展リストのスプリンターセルの欄に括弧書きでユービーアイソフト株式会社とありますが、発売元はユービーアイソフトで、カプコンは販売を担当するそうです。
セガがゲームショウの配布グッズを発表 (Official)
ぷよぷよアイマスク セガが東京ゲームショウで配布するノベルティグッズを発表しています。
Xbox関連ではソニックヒーローズをプレイすると、ソニックヒーローズメモパッドが、ぷよぷよフィーバーをプレイすると、ぷよぷよアイマスクがプレゼントされます。
Electronic Artsがゲーム配給事業を行うEA Partners設立 (Gamespot)
Electronic Artsが他社メーカー開発のタイトルの販売・流通をワールドワイドで担当するEA Partnersを設立したそうです。
EA Partnersは販売力や流通網が整っていないメーカーに代わって、EAの流通網でソフトを販売するもので、Disney InteractiveやDigital Illusions、Fox Interactive、Lionhead Studiosなどと提携しています。
また地域限定での販売提携は、カプコンやナムコといった大手メーカーとも結んでいます。

日本でもコナミが自社流通網を利用したメジャー事業を行っていますし、ゴーストリコンやスプリンターセル、MotoGP 2などなど、日本に販売網を持たない海外メーカーに代わって国内メーカーが販売することはよくあります。
ワールドワイドで流通網を持っているメーカーはごく一部ですから、こういった販売提携はいくらでも行われるでしょうし、販売提携ができるかできないかが業績を大きく左右するようになるかもしれません。
XboxダッシュボードのアップデートでLinuxが使用不能に (The Inquirer)
Xbox Live Nowの実装に伴い、Xbox Liveに接続するとXboxダッシュボードの自動アップグレードが行われますが、この際にLive Nowの機能追加だけでなく、いくつかのバグ修正も行われるようです。
このアップデートには、LinuxをXboxにインストールするのに使われてきたフォントバグの修正も含まれていて、アップデートを行うと従来の方法ではLinuxをインストールできなくなるとのこと。
またXbox Liveに接続するとユーザの許可なく自動的にアップデートが行われるため、XboxでLinuxを楽しんでいた一部のユーザからは不満の声があがっているようです。
韓国で2004年1月から日本製ゲームソフト解禁 (Mainichi INTERACTIVE)
韓国政府が日本の大衆文化の第4次開放措置として、日本製ゲームソフトを2004年1月から解禁すると発表したそうです。
このほか日本語歌詞を収録したCDや、18歳以上の年齢制限のある映画も解禁されるとのこと。
これまで韓国製ゲームが日本にいくつも移植されてますけど、ゲームソフトの解禁でこれからは逆の流れも起きそうですね。
Full Spectrum Warrior X03ヨーロッパにプレイアブル出展 (Official)
THQのミリタリーアクションゲームFull Spectrum Warriorが、プレス向けイベントX03ヨーロッパにプレイアブルで出展されるようです。
Full Spectrum Warriorは、アメリカ陸軍の分隊戦術の訓練用シミュレーターをベースにしたアクションゲームで、そのリアリティは折り紙つきです。
E3では映像出展だけで話題を呼んでいましたが、今回のX03が初のプレイアブル出展となるそうです。
日本での発売は未定ですが、ジャンルといいメーカーといい、発売されてもおかしくないでしょう。
PC版HALOが完成 9月30日に発売 (Official)
HALO PC Gearboxが移植作業を進めていたPC版HALOがマスターアップし、北米で9月30日に発売されるようです。
PC版は製品版のほか、オリジナルマップやスキン作成用の編集キットのリリースも予定されています。
ただいまのところ日本語版の発表はないようです。
MSがスントと提携 LINKS2004にスントブランドの時計が登場 (gi)
マイクロソフトが世界的な時計メーカーのスントと提携。スントのゴルフ用ウォッチがゴルフゲームLINKS 2004に登場するそうです。
提携はJAM International Partnersを介して行われ、MSとJAMは今後もゲーム内に有名ブランドを登場させる活動を行っていくそうです。
WWE Raw 2 北米で発売 (Official)
プロレスゲームWWE Raw 2が北米で、THQから発売されたそうです。
WWE Raw 2には60人以上のレスラーが登場。エキシビジョンやシーズン、タイトルマッチ、バトルロイヤル、オリジナルレスラー育成など6つのゲームモードが用意されていて、最大4人同時対戦ができるようです。
1作目は国内でも角川書店から発売されましたけど、2作目の発売はないんでしょうかね。
Copyright © 2002-2005 XNEWS All rights reserved. | XNEWSについて |  webmaster@xbox-news.com